PR
Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
  
BS blog Ranking

人気ブログランキングへ

にほんブログ村

  
TAKUYO最新作「ソラユメ」応援中!
あさき、ゆめみし
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スタライ2ndもトリスタが輝いて輝いて北斗くんが素晴らしかった話
0

    久しぶり書く内容もスタライっていう・・・ブログを書くほど心乱されるのはスタライくらいなんだ・・・笑

     

    7月20日(金)幕張初日に参加してきました!

    スタライのレポというより、北斗くんが、Trickstarが輝いていて尊いって話を語彙力のない文章でひたすらに綴るだけです。

    同じこと何度も繰り返しますし、トリスタに盲目です。スタライ2ndのネタバレしかありません。

    でも自分の中の思いを発散したいので、文字にしておきます。

     

    スタライ2nd、WOWOWでも見たし、円盤でも見たし、前回よりすこし落ち着いた気持ちで見れるんじゃないかって

    思ってたけど、全然そんなことなかったよ。

     

    連日猛暑が続き、海浜幕張に行くだけでへとへと・・・着いたとき最後に電車の中で聞いていた曲は、夏にぴったりなDIAMOND SUMMERでした。歌詞を見ながら聞いて、スタライに臨みました。

     

    夏だし!とアプリのホーム画面もサマーライブの北斗くんにお着替え。写真機能で幕張メッセを記念撮影!!

     

    予想、してたわけじゃないんです。

     

    7月に、夏にやるライブにぴったりな曲だから、歌わないわけないとは思っていたけど・・・

     

    ライブが始まり・・・私の目に飛び込んできたのは・・・サマーライブの衣装に身を包みDIAMOND SUMMERを歌うトリスタの姿でした。

    最初から記憶が無いたいへん!!

     

    高鳴る鼓動 高まる気分

     

    そんな感じじゃないよ死んだよ。騒がしいどころじゃないよ。死んだよ。オタク軽率に死ぬ!!

    チケット掴み取ってよかった・・・

    トリスタひとりひとりが光る輝石なのに、4人で肩組んだりしたらよりいっそう輝いて眩しくて眩しくて

    トリスタが肩組むシーンが見れるなんて・・・むり・・・でもトリスタの眩しさは、目がくらんで見てられない、

    っていうんじゃないんです。その輝く光をずっと見ていたい。いつまでも輝き続ける彼らを見ていたい。

    そう思える輝きなんです。記憶飛ぶけど。

    北斗くん・・・ノースリーブだぁ・・・みたいな、かろうじて目に入ったものをそのまま言語にすることはできたけど、

    脳内輝きで満たされてダンスとかほとんど覚えてない。

     

    はー私のダイヤモンドサマー始まったわ!!!

    夏にライブやるの最高!!!真夏のスタライ最高!!!!!!

     

    1stに続いて2ndもトリスタがトップバッターを務めるなんで、ファンとしては感無量です。夏が似合うトリスタ最高ー!!

    どんな季節でも最高ー!!

     

    次は新しいユニットだよー!って、前回よりもMCきちんとできるようになってて、のびのびしてて、最高(何度でもいう)

     

    しばらく他ユニが続いて、再度ユニット衣装でトリスタ登場!!

    今回は複数ユニットがステージに現れるから、Knightと入れ替わるのとってもよかった。他ユニとの絡み見れるの嬉しい。

     

    次は何歌うのかな?って思ってたら、スタンドマイク登場ーあぁ、虹色のSeasonsだ。

    この曲はね、聞きながらキセキシリーズを思い浮かべてしまうんですどうしても。

    スタンドからマイク外して前に出てくるところが好き、大好き。

    次はーと思ってたらまた1曲で終わり。

    あれ?とこのころからまさか・・・と思っていました。

     

    次は桜フェスの衣装を着て!CHERRY HAPPY STREAM

    この曲はほーんと!ライブで盛り上がる曲だよねー!!

    しかも今回は、この曲はピンクが似合うからペンライトをピンクにしてって、

    トリスタはユニットカラーはオレンジだけど、各キャラの色にしてるお客さんが多いから、いつも会場が

    カラフルで楽しいのに、ピンクにしてっていうの!!!

    はーーーーーーーーーーーー成長してるーーーーーーーーーーーーーーーー!!

    ペンライトの色指示したりするの、ライブでよくやるやつー!!!!!!!!!!!!!!!!!

    知ってるーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!王道!!!!!!!!!!!

    ピンク1色染まりかわいらしい会場に流れるCHERRY HAPPY STREAM

    天国か・・・ここは・・・・天国か・・・

    もっとちゃんとサビの振り付け覚えておくべきだった。踊ってる人近くで見つけられなかったけど笑

    この曲、ファンとみんなで踊る曲になったらいいな。

     

    ここでいったん終わりで、え??トリスタ曲少なくない???え???まさかまさか???

     

    と思ってたら!!!

     

    2ndもアンコールはTrickstar−!!!ありがとうございますーーーーーーーーーーーー!!

    今回はオルスタじゃないから、アンコールの時座っていられるのいいね、MCは座るほど長くしゃべってないもんなぁ。。。

     

    しかもアンコールがさ、Tシャツ。ライブTシャツ着てんの。

    なにこれ。定番ジャン。アンコールの時ライブTシャツに着替えて出てくるやつ、私知ってるライブのド定番。

    ライブのど定番。王道。私が大好きなやつ。

    ユニット衣装のズボンにTシャツ・・・似合うね。。。トリスタはTシャツが似合うね。。。

    単純なおたくだから、Tシャツ欲しくなって、次の日ライブに行く友人に頼みました。

    無事に買えたって連絡来てはっぴー!きっと友人もライブを見たら、どうして私がTシャツ欲しくなったかわかる

    ことでしょう笑閉演後は物販なかったんだよー

     

    そしてRebellion Star

    私この曲の、みんなが手をかざして回るところ好きなんです・・・違う衣装で見れるなんて・・・

    かっこいい・・・みんなかっこいい・・・ぐすぐす

     

    せっかくアンコール出てこれたからもう1曲!みんな一緒に歌ってね!とトリスタ4人のONLY YOUR STRS!

    この曲をまた聞けるなんてーーー!!スタライのアンコール曲になってほしい・・・いつも最後に歌ってほしい・・・

    いつかは全員で歌ってほしい・・・

    この曲、ライブ限定になっちゃうのかな。それもいい、それもいいけど!!きっと来年発売するであろうトリスタのアルバムに

    入れてくれると信じているよ・・・入れて・・・ずっと聞いていたい・・・

     

    歌った後、2ndに出演した全ユニット出てきてステージ豪華すぎてびびった。広い場所でやればこういうのも可能なのか。

    もっともっと広い場所で歌ってほしい。歌わせてあげたい。

    どこまでも、どこまでも輝く彼らを応援し続ける。

    今回のスタライも、とってもとっても素晴らしくて、あんさんぶるスターズ!に出会てよかった、と改めて。

    ありがとうございますあんさんぶるスターズ!これからもよろしくお願いします。

     

     

    トリスタの話しながら他ユニの話をするとわけわかんなくなりそうなので、他ユニについてはちょろっと(ですむかな?)書きます。

    紅月:通常衣装も歌劇衣装もずるい、最高。着物やマントが翻るの最高。扇子に刀に剣・・・あんなに激しく動いているのに美しくて美しくて。見惚れてしまいました。てか、はすみんセクシー過ぎない??普段とライブとのギャップに戸惑います!度し難い!!

    はすみん、ライブで生で見て落ちるファンがいるタイプのやつや・・・

     

    2wink:かわいい。かわいすぎる。むり。かわいい。かわいいがふたり。かわいいかわいい。2winkちゃんの笑顔は世界を救う・・・

    え?2winkってこんなにかわいいユニットだったっけ?と思いました。最初側転しながらステージに出てきて、さすがー!!と驚いたのもつかの間、アクロバティックな動きしてるのにかわいくてかわいくて。私の中でかわいいユニットといえばRabbitsだったんですが、2winkもとってもかわいいユニットだったんですね。2人かわいいこがステージにいるだけで無理みが強かったのに、いつかRabbitsが参戦して増えたら私死ぬんじゃないかな。。。オタク軽率に死ぬ(2回目)でもすぐ生き返るからWe are UNDEAD!だよね!!(言いたいだけ)

    ライブで盛り上がる曲ばかりで楽しかったな〜真夏のハロウィン最高だよ。かわいすぎあれもこれも!!

     

    UNDEAD:アドくんのユニット説明健在。おじいちゃんが気に入ったのね笑毎回ライブで聞けそう楽しみ。返礼祭衣装、ユニット衣装に比べると明るい感じだから新鮮だったなー!羽風が前回にもましてたんぽぽちゃんって言ってた気がする笑

     

    Knight:今回もかっこよすぎました。ジャッジメント衣装で出てきたときは息が止まるかと。いや止まってたな?

    マント素敵すぎるでしょ・・・カードの時はそんなに感じなかったけど、かさくんとレオだけマント長くて、新旧の王様がそろってて、Knightの次のリーダー・・・というかレオのあとを継ぐのはかさくんなんだなって実感した。

    Figth for Judgeでみんなが後ろ向きになるところがかっこよすぎたのであれは額縁に入れて飾りたい。

     

    紅月やナイツの衣装を見て、マントかっこいーーー!!トリスタにも着て・・・着てほ・・・にあ・・・似合うか・・・似合わないかも・・・って気持ちになったけど3rdの時腰からひらひらしてる衣装着ててめっちゃかっこいいし、トリスタはそのままでもどんな衣装でも最高だよな!!!!!!!!!!!!!!!!(結論はいつもここ

     

    てか今回のサマーライブ衣装みたことでいつかBREAKTHROUGH!をSS・・・ウインターライブ衣装でやってくれるのでは・・・なんて思ってしまった。そんな時がきたら、盛大に死ぬだろう。

     

    ライブ何度でも見たいのにライビュ仕事でいけないかなしみ・・・WOWOW待機します・・・

     

    本当に素晴らしいコンテンツですあんさんぶるスターズ。スタライ、ありがとうございます!!

     

     

     

     

    posted by: フー | レポ | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
    氷鷹北斗くんが「アイドル」してる姿を見れて幸せ過ぎた話。
    0

      ■色々とおかしい感じです。頭とかテンションとか。

      ■スタライのネタバレしかありません。ほとんどトリスタ。

      ■でも、自分の中に募る気持ちが消化しきれないので書きます。

       

      11月15日のZepp名古屋公演を見て、もうこれはすばらしすぎる・・・何度でも見たい・・・と仕事調整して

      12月2日のライビュも見に行ってきました。何度でも見たいのに31日仕事でライビュいけないのつらすぎるけど、2日のライビュ

      を見たら感想(といえるのか?)をまとめようと思っていたので、書きます。

      初めて3DCGのライブを見たけれど・・・本当に・・・すごいね・・・。

       

      アプリのなかで、何度もタップタップタッryして、彼らの話は読んでいた。小説でも読んでいた。

      アプリの中の彼らも、最初からもちろんアイドルだったし、ライブに出演する話もたくさん読んでいた。

      CDは聞いていたし、彼らの歌は何度も何度も聞いていた。

       

      だけど。

       

      歌って、踊ってこそ「アイドル」

       

      だってことを、これほどにまで感じたことはなかった。

       

      きっとTrickstarから始まるだろう。初めの曲はユニットソング1曲目のRebellion Starか、歌詞的にHEART→BEATER!!!!(!マークが4つなのトリスタの4人を表してるのかな、尊い)だろう、そんなことを考えながら流れた曲はHEART→BEATER!!!!。

      待ちきれなかったよ、歓声は呼んでいたよ、幕が開いたよ!!

      いまこうやって文章にしていると冷静な感じするけれど、実際名古屋でステージ上にトリスタの4人が右手(だったかな?)を突出し、目を閉じて現れた瞬間きっと私は正常ではなかった。歌いだして、知っていたことなのにアイドルだ・・・アイドルとしての

      トリスタがそこに、今目の前にいる!!!!ってことに感動してしまって、感動しかなくて。

      アプリを始めた時からいつか3DCGのライブを見たいな、キャストが登壇するイベントじゃなくて・・・あんスタに私が望むことはそれ!!と思っていたから、夢が叶った瞬間でもあった(大げさ

       

      もうね、最近サマーライブ、オータムライブと立て続けに素晴らしいイベストを読んでいたから、仲間は希望とか直接聞いてしまうとだめなんですよ。トリスタは、いまの4人でないと・・・4人がそれぞれ対等ででもお互いを羨んだりしながら、尊敬しあいながら。。。高みに上っていく・・・成長していく・・・(ライブの感想じゃなくなってきた)

       

      北斗くん推しな私は最初の全員パートのあとに北斗くんのソロから始まるHEART→BEATER!!!!で夢が咲きましたけど。

      いや本当、汗さえ光に変わるよね・・・汗かいてなかった気がするけど←

       

      ずっと追いかけてきて〜のところ順番に腕で弧を描いて隣につなげていくのすばらしかったな・・・もう振り付けの一つ一つに感動していたよ。繋がっていく・・・絆・・・ウッ

       

      曲が終わった後、北斗君が「HEART→BEATER!!!!を聞いていただきました。如何でしたか?」とMCがあったので最高としか

      思わなかったです。

      緊張、ではなくその真面目すぎる性格から動きが硬い北斗くん。だけどちゃんとアイドルしていて、はぁ・・・

      ゆうくんは緊張でカチカチになっていたね。かわいい。両手でマイク握って客席キョロキョロしてるのかわいかった。

      北斗くんは動きがかたいぞー!!ってスバルに腕掴まれて大きく手を振る動作させされてたのかわいかった。

      「腕くらい自分で振れる!」って振り払うのも最高ー最高ー

       

      2曲目はRebellion Star。これも北斗くんのソロから始まるじゃないですか・・・すでに死んでたのにより死ぬ。

      グルグル難問に思えたら、のところ頭の横で人差し指ぐるぐるする振り付けをする北斗くんがとってもかわいかった。

      普段しそうにないことを、曲の振り付けだとやる、やるというかそういう振り付けならやらない選択肢なんてないし?北斗くん真面目だからそういうところは抜かりなくね!北斗くんの性格とかわいい曲の振り付けのギャップに打ちのめされる私でした。

      未来飛び込んでみようよLife goes on!のあとの間奏中のダンスがとってもかっこよかったです。

      すごく難しそうに見えて。。。たくさん練習したんだろうなぁ・・・あの練習室で、布団を持ち込んで・・・。

      (なんてことを思いながら、プログラマーさんありがとう、スタッフさんありがとう、と裏方に感謝しまくる自分もいるから面白いよね)

      さぁ、夢を咲かすんだのところだったかな、、、北斗くんから、真ん中に右手差し出してさ。みんな順番に手を重ねていくの。

      手を重ねて、その手を中心にして回るの。そういうの、やめてよ・・・泣くから・・・(思い出しでも感極まる)

       

      はけるときもゆうくんはまだ緊張解けずちょこちょこ、とドギマギしながら歩いていく感じで細かいとこを間でゆうくんでしたありがとうございます。

       

      2曲終わってナイツとアンデのターン!ナイツアンデも2曲ずつ披露して、、、そしてまたナイツが2曲披露、アンデ1曲、そしてトリスタ!

      (ナイツアンデの感想はあとでまとめて書きます)

       

      ステージ上にはスタンドマイク。そして・・・虹色のSeasons。

      だからさ・・・サマーライブオータムライブと来てる中でこの曲を生で聞くのはさ・・・

      この曲は、前の2曲とは違いしっかりとダンスがあるわけじゃなく、ホント聞かせる曲だから(そのためのスタンドマイク?)

      スタンドマイクの前に立ち、歌い上げる4人・・・メインストーリーから、いままでのトリスタの歩んできた物語が私の頭のなかでたくさん、たくさん過っていきました。思い出の中にね。

      スタンドマイクだったけど、マイクを外せる使用だったからこれはハンドマイクにして前に出てくるのでは!?と思っていたら

      予想通り出てきてくれたよね!

      トリスタが真ん中に集まって距離が近づくだけで湧き上がる歓声。私もその歓声を上げる一人です。

      Sing a song・・・のところでスバルくんが客席にマイク向けるのラ、ライブだー!!!!ってすごく思いました。

       

      そのあとまたはけて、これは。。。私が思っていた通りトリスタで始まりトリスタで終わる・・・!!

      という予想(希望)が確信に変わった瞬間でした。ありがとう運営。トリスタを、主人公ユニットを好きになって私は幸せです。

       

      アンデもラストに1曲歌い・・・トリスタも残すところCHERRY HAPPY STREAMのみ。

      ライブでめちゃくちゃ盛り上がる曲だー!と楽しみにしていたらまさかの、桜フェスの衣装に着替えて出てきたけど???

      え????思考が追い付かなかったけど最高なのは分かる桜フェスはあんすたリリース後初のイベントで北斗くんが記念すべき初ランボ☆5のやつですね???

      アンデがDESTRUCTION ROADを歌って少しMCしていた10分足らずの間にチェックのユニット衣装から桜フェスのスーツ衣装に着替えたんですね。。。シャツを着てボタンを留めてベストを身に着けリボンを着けジャケットを羽織り・・・大変だったでしょうでもありがとうありがとう多謝多謝多謝。

      まさか衣装替えがあると思ってなかったんですよ。。。(色んな意味で)大変だし。アンデナイツは無かったからね。

      でも、2曲連続で歌わずにはけたことに、ちゃんと意味があったんだー!!着替える時間をつくってくれてありがとうUNDEAD。

       

      CHERRY HAPPY STREAMはコミカルな曲だからライブで聞いて一緒に踊りたい曲No.1に今回なりました。曲聞いたときから思ってたけどこの曲はライブでより輝くと思う!!

      どの曲も振り付け覚えるつもりだけど、この曲を一番に練習するわ。だって、だって!!!!さくらんぼのポーズするんですよ!!

      あたなとわたしさくらんぼですよ!!親指と人差し指で○作って他の3指を立てるアレですよ!!!!

      めっっっっっちゃかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

      さすが王道アイドル・・・Trickstarさんはやることが王道で素晴らしいです大好きです。

       

      Come on! CHERRY HAPPY STREAMのところでそのポーズやるから、最初からそれを目にするわけじゃん。死んだ(もう何回かわからない)

      Yeah!って言ったり、3,2,1って言ったするのも楽しすぎた・・・ライブの終盤に最高潮の盛り上がり持ってくるのやばすぎでしょう神セトリ。

      これもハンドマイクでした。

      お祭り騒いで駆け抜ける♪のところ、ワッショイ!みたいな感じで両掌を上にして上げ下げするんだけど、ここも普段北斗くんが

      しないような振り付けでギャップ萌♡ふふっ推しがアイドルしてる姿っていいわぁ♡

       

      4人あつまって決めポーズとる振り付けがあったり、まおまおがポーズとってるみんなに順番に触れて?いったり、

      北斗くんがけんかしてぶつかりあうのも、って歌うところはスバルくんとゆうくんが対面して喧嘩してる風なのを北斗くんが

      歌いながら真ん中とおって行ったり…歌詞に沿った仕草も多くて、見ていてとっても楽しい気持ちになる曲だよ!

       

      MCでは、

      CHERRY HAPPY STREAMを聞いていただきました!(CHERRYと言うときにさくらんぼポーズしてたかわいい)

      僕らだけ衣装かえあったから楽屋でバタバタしちゃったー☆と言うスバルくん

      桜フェスの衣装で歌えて嬉しい、と。私も嬉しい。。。ありがとう。

      北斗くんは「この衣装を着ると桜フェスのことを思い出して少し恥ずかしくなる」

      って言っていたので、名古屋公演の後桜フェス読み直しました。そんな、、、恥ずかしいなんてことないよ!活動に対して

      真面目に考えすぎるところ私は大好きだよ!

      てかライビュで気づいたんですけど北斗くんも「桜フェス」って言うときさくらんぼポーズしてた、、、なんだこのかわいさ・・・

       

      全部曲終わったしこれで終わりなのかな?って思ってたけど、アンコール、ちゃんとあるんですね!

      みんなが知ってる曲って言うから、まさか・・・と。

      Trickstar4人で歌う「ONLY YOUR STARS」が聞ける日が来るなんで・・・これ今度出るアルバムに入れてくれないかな。音源化してくださいお願いします。

      この曲でも、重ねるんじゃなくて円陣を組むように手を中心に集める振り付けあってさーだからさ。。。本当やめてって・・・。

      曲中だったかな?北斗くん指さしたりしてたよね?ア、アイドルー!!アイドルだ!!って何度目かわからない気持ちに陥ってました。

      あとな。両手つないでありがとうございましたー!!って挨拶するの反則だからな。トリスタの仲良しを前面に出してくださってありがとうございます。

      みんなでありがとうー!!てステージ上あっちこっちしながら言うのかわいかったな、前も後ろもー!ってまおまおが北斗、こっちだ、って言うように北斗くんを諭したりしてるシーンもあったり。スバルくんがいちばん大きな動作で動きまくってたなぁ。

      両手でなげちゅーしたりしてさ、最後までステージ上にいたのもスバルくんでした。

       

      本当に最高のライブです。ありがとうございます。

       

      思い出したところ追記。

      グルグル難問とは別のところでぐるぐるしてるところあったな?(これも最高にかわいかった)

      あと、MCで「名古屋まで会いに来てくれたありがとう」と言う担当が北斗くんで!!ここ毎公演変わるんだけど「○○まで来てくれてありがとう」って言う担当が北斗くんでめっちゃ嬉しかった!!名古屋まで行ってよかった、会えるならどこにでも行くけれど、遠征してよかったー!!!!と心から思えた。

       

       

      ナイツとアンデの感想。書きたいことたくさんあるけどちょっとだけ。

      ナイツはとにもかくにもかっこいいの一言に尽きる。レオぴが大きくてを広げる仕草が多かったり、なんだかんだフォーメーション変わってもレオぴが中心にいることが多くて本当に「王様」でした。

      Fight for Judgeで「奪い合う覚悟決めてから来いよ」の「来いよ」のとこをでせないずが右手をちょいちょい、と挑発するような仕草したの最高でした。

      ナイツはサビだったり、イントロだったり、印象的な振り付けが多くてみんながみんなかっこよすぎる騎士。

      アンデはスタンドマイク使うのずるいよ本当に。スタンドマイクもって暴れたりするのめちゃくちゃかっこいい。

      ワンコは終始ワンコでかわいかった。二枚看板が背中合わせる振り付け最高。4曲目歌い終わってはけるときおじいちゃんがワンコの頭?帽子?のあたりつかんでもうおわりじゃからら、と連れて行くの私たちが見たいと思ってくれてるシーンをやってくれるのわかってらっしゃる!という感じでした。

      ナイツもアンデも書きたいことたくさんあるんだけど、収拾つかなくなるのて少しだけ・・・

       

      早く円盤発売しますように!!!!

       

       

      posted by: フー | - | 16:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
      夏空のモノローグをプレイして
      0

        夏空のモノローグポータブル、プレイしました。

         

        いつもゲームの感想を書くときは、高ぶる思いをそのままに、叫びを文字にするような文章になることが多いのですが、

        今回はゲームの感想というより、夏空のモノローグをプレイして、私が感じたことを頑張って言葉にしてみようと思います。

        ネタバレになる話もすると思うので、注意です。

         

        初めてプレイしたときの気持ちを残しておきたい。そう、強く思う作品でした。

         

         

        まずは、私が夏空を知ったきっかけから。

        PS2が発売した2010年7月29日は、ゲームから離れていた時期なので、情報を知ることなく過ぎていきました。

        PSPが発売した2013年3月20日は、その2か月後に発売したノルンノネットにハマるとは全く思わず、過ぎていきました。

         

        ノルンにハマってから、乙女ゲームのジャンルに戻ってきて、離れてる間に発売した様々なゲームを知り、いくつかプレイしましたが、ハードがVitaに切り替わる時期になり、PSPのゲームはあまり見る機会が少なかったような気がします。

        きちんと、夏空のモノローグという作品を認識したのは、2015年のオトメイトパーティーにラインナップされたのがきっかけでした。

        ラインナップされてる作品の中で、プレイしたことのない作品。

        キャラクター名も、キャストさんも、きちんと把握はしていなかったのに、朗読劇を聞いたとき、キャストさんと会場にいる夏空のファンの方々の空気がとても、とても暖かくて、その年のオトパでいちばん印象に残る作品だったのを今でも覚えています。

        今思えば、あの時の会場の空気はー7月29日、そのものだったなと。

        オトパ終わってから、プレイしたいと思う作品の筆頭にあがったのに、移植ラッシュだったので少し様子を、と待っている間に

        2016年の7月29日を迎えてしまいました。来年こそは…と思う最中に単独イベントの発表。

        オトパで感じたあの、”7月29日の空気”

        きっと、焦がれるという言葉が私の気持ちにいちばん合うのだと思います。

        プレイしたことのない作品なのに。イベントで少し朗読劇を聞いただけなのに。

        焦燥感にかられ、イベント発表直後にソフトを購入しました。

         

        夏空を好きな友人は何人もいたし、信頼している友人が好きな作品は素晴らしいに違いない。

        そんな思いもありました。

         

        だけど、どこか不安な気持ちもあったから、緊張して夏空をプレイし始めました。

         

         

        時間の渦。23:59:59で止まる時。

        ループしたり、「時間」をモチーフにした作品は、これまでにもたくさん触れてきたから、

        似たような演出は見たことがあったのに、鳥肌が立ちました。

        夏空をプレイしてすぐ、私は焦がれた7月29日に囚われていくのが、自分でもわかりました。

         

        モノローグ、という言葉は独白や語り、そんな意味を持っていて、

        夏空はシナリオ表記の仕方が一般的な乙女ゲームのように立絵とボックス、という形ではなく

        立絵にかぶせるような形で演出されていて、7月29日がゆっくりと語りかけてくるような、少し、無機質な感じで。

        でもそれは冷たいものではなく、私の心にどんどん染み渡るようでした。

        心に直接、物語が入ってくる。

        夏空は、激しく心をかき乱されたり、揺さぶられたり、そういうのじゃないんだ。

        でも、プレイすればするほど。

        科学部のみんなを知れば知るほど。

         

        冷たいから暖かいとわかる。

        暖かいから冷たいとわかる。

         

        厳しいから優しいとわかる。

        優しいから厳しいとわかる。

         

        そんな、相反することを改めて感じ。

         

        そして、

        今日があるから明日があって。

        明日があるから今日がある。

         

        そんな、普段は気にすることのない当たり前を感じ。

         

         

        明日はきっと、いい日だから。

         

        この言葉につながっていく。

         

         

        どんな作品でもいえることだけれど、夏空は特にプレイしたときの自分の置かれてる立場や環境で、感じたことに違いが出る作品だと思う。

        だから、例えば私が高校生だったら、大学生だったら。

        夏空をプレイしてどんな感情を抱くのか、自分でもとても気になります。

        心に留めて置きたい言葉がたくさん、たくさんあって、忘れてしまいたくないから画面を何枚も撮りました。

         

        多くは部長さんのセリフで、そのひとつに

         

        「自分の言葉や存在が、誰かを笑顔にするという事実が、たまらなく嬉しかったのを覚えているよ」

         

        これは、私も常々思っていることで。

        だからこそ、とても胸にこみ上げてくるものがありました。

         

        なんだかポエムのような感想を残すのは、恥ずかしさもあるし、現実はループすることなく進んでいくから

        明日になってもこの記事が消えることはないんだけど、

        誰かと一緒にいることで、楽しいって思えたり、笑顔になれたとき。

        それは、私一人では得ることのなかった幸せ。

        いつも、そう思いながら日々を過ごしている。

         

        これは、誰かが人じゃなくても当てはまることで、

        夏空のモノローグをプレイしたことで、笑顔になれて、幸せを得ることができた。

         

        これが、私にとっての、すべてなんじゃないかなって、思いました・・・たぶん。

         

        ファンブックやドラマCDに触れたらまたいろんな思いがあふれるんじゃないかな?

        と思ったので、本編フルコンして限定版のドラマCD聞いてこの記事を書きました。

         

        ファンブックとCDはこれからなので、まだ私の知らない科学部に出会えるのがすごく楽しみ!

        イベントも、申し込むことに決めました。

         

        夏空のモノローグ。素敵な作品です。

         

         

         

        posted by: フー | - | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
        Collar×Malice 感想
        0

          ■Collar×Malice 

           

          プレイ期間8月18日〜21日

          カラマリ、お休みをいただいたので、一気にフルコンしました!

          1日に10時間以上ゲームをする生活を4日間も続けてました・・・笑

          充実した日々でした♡

           

          力入ってる〜と節々に感じる作品で面白かったです。

          雰囲気的にはアンフェアみたいな。

          乙女ゲームですが、メッセージ性の強い作品だと思いました。

          演出が凝ってて、Vitaってこんなこともできるのね!と驚いたりしました。

           

          ・攻略順

          笹塚→岡崎→榎本→白石→柳

          最初は、笹塚、榎本、岡崎の3人しか攻略できません。

          2週目から白石が攻略可、柳さんは最後にしかできない仕様です!ルパン枠隼人枠。

          ネタバレ的にもこの順がいいのではないかと思います。

           

           

          以下、ネタバレ満載の感想になりますので未プレイの方注意です。

           

           

          ・笹塚尊

          思ったよりだいぶかわいいキャラでした。

          「バカ猫」「ポチ」

          星野とも中々呼んでくれない笹塚が市香って呼ぶように変化していく関係が素敵でした。

          私は呼び方が途中で変わるの結構好きで、シチュによって無理やりだったりいまいち流れが悪いな、と感じる

          こともあるけど、笹塚は自然と変わっていくし、市香って呼んだと思えば「バカ猫」の戻ってたりするのが絶妙のバランスでした。

          市香ちゃんの存在がめんどうだと思いつつも、諦めずついてくる姿をほっておけなくて、気が緩んでしまった隙にどんどん彼女が入り込んでいく。

          自分にすがってくる猫をないがしろにしつつも暇なときにかまってやってるうちに、飼い主である自分がその猫にハマってしまったわけですね。

          笹塚ルートは事件を追っている間はそこまで恋愛面強く描かれてなくて、解決したら一気に恋愛モード!

          すぐキスしたし描かれてないわけではないけど、笹塚が言葉で表さず行動で示す人間(だからすぐキスしたの?)だから

          ゲームしてて読み手である私が感じなかっただけかも。

          X-Day事件は解決するし、御國が喋るパートは少しあるけど、事件そのものに関しては深く触れないシナリオだったので

          1人目にするのが良いんじゃないかと思いました。

           

          ・岡崎

          メインヒーローは柳さんだけど、岡崎が対になってるイラストがあったのでダブルメインヒーローなのかな?

          と思ったんですがシナリオ的にはそうでもなかった。

          ただ、彼は警察側の人間なので白石は色々あるのでおいておくとして、警察を辞めた他3人とは違う立場であることは確か。

          岡崎はね〜う〜ん〜

          告白のシチュはびっくりしたね!流れで!みんなの前で!話しながら!!

          ムードとは?って感じだったけど、自分の考えを追っていくうちに気づいてそのまま言葉に出してしまったんでしょう笑

          岡崎のトラウマは、人によっては仕事だから。と片付けられるものかもしれない。

          でも彼は真面目だから。仕事に、警察に。

          自分が全うすることが出来なかったこと。それを市香ちゃんに託した。

          最初は、星野市香を星野市香として見てはいなかったのに、ともにいる時間が増えるにつれて、岡崎にとって星野市香になった。

          君を守って死にたいという強い思いが、君とともに生きたいに変わる。

          市香ちゃんは自分の意思を強く持つ女の子だからこそ、彼のことを変えることが出来たんだなーと

           

          ・榎本

          とにかくかわいいやつでした峰雄

          天然記念物ピュア中学生って感じ

          いちいちいちいち、反応がさ〜〜〜〜かわいい!!と叫ばずにはいられなかった。

          3人の中では一番アドニスの黒幕が誰なのか、わかってしまうルートです。

          私は3人目だったから、きっと黒幕が近くにいるんだろうなって思いつつプレイしてたってのもあるけど

          死にそうになった時のあの発言は怪しいよね。でも、彼の存在結構好きだったから当たってるんだろうけど悲しいなって思いました。だってもし黒幕じゃなかったらFDで攻略可能になる立ち位置にいるんだもん・・・警察学校時代から一緒で、市香ちゃんが悩んでる時に励ましてくれたり、何の気も使わずに二人で飲める存在・・・

          でも、だからこそ黒幕になり得たんだと思うし市香ちゃんが狙われたんだろうけど。

          。。。峰雄の感想書こうと思ったのに冴木のことばっかりになってる笑

          峰雄はばかわいい子だけど、決める時は決める子です!(近所のおばちゃん風)

          告白するときちゃんと眼帯取るのねwwwって思いました。

           

          ・白石

          私が一番語りたかったのは白石景之です。というか白石景之のこと書きたくて感想書いたので他の人適当でごめんなさいみんな好きだよカラマリ好きだよ!!

          白石景之のことはどうしても好きになれないけど、景市が素晴らしすぎました。

          「感情」を持たない、ただ「任務」を遂行するはずの存在だった彼が

          任務とはいえ市香ちゃんと接するうちに、たくさんの「初めて」を経験していく。

          演技だって、嘘だって、自分に言い聞かせても。こんなの自分じゃないと言い聞かせても。

          知らなかった自分が、白石景之を作っていく。そんな白石景之のことを市香ちゃんは好きになる。

          他人をプロファイリングするのが得意で、人がどのような心理で犯罪に臨むのかは解明できても、

          市香ちゃんがどうしたら笑顔になってくれるのか、嬉しいと思ってくれるのかは全然わからない。

          自分が誰かのために何かしようとすることが苦手で、市香ちゃんの行動はいつも予想外

          素直に自由にふるまっている彼に市香ちゃんは振り回されていたけれど、本当は彼の方が市香ちゃんに振り回されていた・・・

          心が近づいていく様が私の心も揺さぶったよ・・・

          白石がアドニス側の人間ってことはなんとなくわかっていたから、明かされても驚きはしなかったんだけど

          終わりがくるとわかってて今を楽しく過ごす白石と

          終わりになんてさせないと、本当の彼を知っても諦めない市香ちゃん

          後半怒涛の展開すぎてトリガーモード成功したのにバッドだと思いました。

          まさかあんな展開だなんて・・・景市の未来を考えると涙が止まりません。

          記憶を失っても、心は白石さんを求めていて、だから記憶が戻った時、いつまでも待ってるし、待っててほしいってなる。

          ただカラマリの世界はきちんと「犯罪」が「法」で裁かれるから、本当にいつになるかわからないよね・・・

          SSも白石だけ刑務所の中?でみた夢の設定でつらすぎました・・・FD出たらどうなるの・・・

           

          ・柳

          ただのイケメンていうか・・・本当イケメンっていうか・・・

          他のルートで見せるさりげない優しさが素晴らしくて、個別やってる時より柳さんの優しさに感動してました笑

          柳さんにはこれからも市香ちゃんが恋愛や仕事で悩んでる時、細かいことまで聞かなくてもさらっとフォローして

          他の子たちとの恋愛を応援してほしいというか・・・お父さんです←

          それだと柳さん救われないじゃん!!ってなるけど、

          柳さんは、10年前に自分が救った命が、幸せな笑顔を浮かべてる姿を見れるだけでも、市香ちゃんの未来を将来を守ることが出来たと実感することでも、少しは救われるんじゃないかなーと。

          柳さん自身は幸せにならないけど・・・柳さんのルートはそれを自分がしているってことだからね!

          市香ちゃんの幸せな笑顔は柳愛時のものだー!!笑

          しかし、幼い女の子を助けて、それからあってなかったのに、あの教会でも見つけたとき彼女だってわかるって相当だよね。

          本当のずっと市香ちゃんのことを忘れず、忘れることなんてできず・・・生きてきたんだろうなって。

          どのルートでも市香ちゃんは結構積極的だけど、柳さんのルートの市香ちゃんは特に恋する女の子でした。

          X-Day事件を追うさなかなのに・・・とも思いますが、そんな時だからこそ、日常は日常のまま。

          自分に正直にいることが大切だし、X-Dayだからと諦めるなんて彼女らしくないからね。

          柳さんは全員攻略後に開くんだけど、その演出がかっこよかったです。

          一人終わるたびにガラスに銃声が響くから、4人終わったらこのガラスは・・・とは思ってはいたけど

          ガラスが砕けてイケメンすぎる柳さんが表れた途端、私はスクショを撮りました。

          そのあとムービー演出もあるし、柳さんだけ手紙が置かれ市香ちゃんのもとへ走る前の、チャプター0から始まるし。

          ついにX-Day事件の真相が!!とわくわくしました。

          紫のもやが出たりX-Dayまでのカウントダウンをしたり他のルートとは違う感じだったからね。

          黒幕はきちんと名前入力させるんだー!わかってるぞー!!と入力したのに

          ちょっと違うぞ、と言われあれ??って思ったらズとヅを間違えてました・・・日本語って難しい。

          柳さんはね、頑張って冷静さを保とうとしてるのに市香ちゃんのかわいさにたぶらかされて悩む28歳の姿が萌えました。

          もっと大人な余裕〜雰囲気かと思いきや初心な感じでw

          市香ちゃん押せ押せだったもんね〜私的にはもっと理性飛ばしてくれてもよかったよ。

          柳さんのルートでは笹塚と峰雄はさらっとしてたけど、岡崎と白石に関してはトラウマにもきちんと触れていたので

          メーンヒーローのルートだなと思いました。

          岡崎には市香ちゃんたちを瀕死になりながらも守ることで喜びを与え(後日市香ちゃんと柳さんに怒られる

          白石に関しては恋愛感情という形でなくても、事務所のみんなや御国に対する感情は持ってると、人形じゃないと

          EDも柳さんだけ最初みんな出てきたし、曲も違ったし。

           

          ・まとめ的な

          メッセージ性の強い作品だと思ったのは「哀しみ」がメインテーマとなってるからです。

          特に柳さんルート最後の市香ちゃんのモノローグは、「哀しみ」はゼロにならないと述べ、その哀しみとどう付き合っていくのか・・・人によって様々な答えがあると思う。正直、何が正解だなんてわからない。

          哀しみに耐えられなくて、哀しみを無くそうとしたゼロが100%間違ってるなんて思えないから。

          「Everyone has an invisible collar attached」

          誰しも目に見えない首輪をつけている

          それは、誰かがつけたものかもしれない

          それは、自分がつけたものかもしれない

           

          首輪ーCollarは悪意ーMaliceなのか。

           

          どのような思いで、この作品を作ったのか。

          とても気になるので、製作者からたくさんお話を聞きたいと思った作品でした。

           

          アドニスのことも赤いアネモネのことも!ギリシャ神話をどうとらえて使ってるんだろ〜!

          赤いアネモネの花言葉は君を愛すだし。。。これはみんなにかかってるんだけど、

          アドニスが流した血からアネモネの花が咲いたとか・・・もっと組織のことも掘り下げて欲しい。

          14番のこともさ、なんでその組織にいたのか知りたいじゃん!!もともと宗教団体だからそれが関係しているのかもしれないけど!!

          14番・・・14番の猫だけいない・・・白石景之・・・景市・・・

           

          柳さんルート終わった後に断罪者の話が見れるようになると思わなくて最後の最後までこだわってる作品だと思いました。

          断罪者いっぱいでてくるから、最後に整理できてよかった。

          復讐の理由なんて人それぞれ。他人にとってそれで?って思う場合もあるかもしれない(みんな中々ヘビーだったけど)

          何が自分を動かすかなんて、自分にしかわからないんだから。

          冴木は、外と接することが少ない環境にいたから、外と接したとき、人の感情に触れたとき、喜怒哀楽の哀に取り込まれてしまった。哀しみは、とても強い感情だから。強くてー哀しくて、哀しくて。人を苦しめるものだから。

          彼は優しいから、哀しみからみんなを救ってあげたかったんだろう。それが正義だと疑わなかったから。

          X-Day事件の発端は、冴木自身のトラウマだとか、そういうものじゃない。

          人の哀しみという誰もが逃げてしまいたくなる感情から生まれたんだろう・・・

           

          カラマリ、色々考えさせられて長編映画を観終わった後のような気分でした。

           

          物語的にはボリュームもあってX-Day事件も真相を余すことなく解明して満足だしちゃんと恋愛もあったんだけど、

          もっと幸せな二人を見たいのでFDお待ちしております。景市をどうかよろしくお願いします。

          市香ちゃんは峰雄さんと愛時さん以外はエンディング迎えても名字にさん付けだったしな〜FDで笹塚岡崎白石はどう呼ばれるのか!!!

           

          思ったことつらつら書いてたら無駄に長いし相変わらず支離滅裂なんだろうな〜考えるな感じろ!で感想も書いてる。

           

          あっカラマリ最初の選択肢から一撃バッドで、他にも一撃バッド多いんだけど「日常」に見えて「非日常」この「新宿」は常に死と隣り合わせ。

          という臨場感があったのでバッドの多さも納得。。。かな。

          最初のバッドは首輪の脅しが嘘ではないことを示すには最適だよね。

           

          探索モードやトリガーモード(説明無いのは不親切だと思ったけど・・・失敗しまくったから←)もあってただのノベルゲームではなくだからといって作業ゲームではなく詰め込まれてたなぁ〜

          プレイ時間が長いのに、ゲームの中の時間は1週間しか進んでなかったりするから感覚のズレはあったけどね。

          12月6日に首輪つけられてみんなだいたいクリスマスまでにくっつくからさ。

           

          なんかカラマリの感想いつまでも書けそうな気がしてきたからそろそろやめよう・・・自分の記録だからいいけど。

           

           

           

           

           

          posted by: フー | ゲーム感想 | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
          オトメイトパーティー2016 8月14日昼公演 感想&レポ
          0

            2016814日 

            オトメイトパーティー2016 814日昼の部

             

            ノルン中心、というかほぼノルンのレポと感想です。

            思い出しながら文章作ってるから真実は円盤で確認してね!笑

            今年も楽しい夏をありがとうございます!

             

            ・開演前アナウンス NORN9

            正宗「遠矢正宗がオトメイトパーティーに、きたーーーーーーーーー!!」

            ・・・織田裕二的なノリで

            暁人「うるせーなー黙れ」

            一月「まーくんは初めてだもんね。俺は何回も来てるよ。」

            正宗「俺は今猛烈に感動している・・・」

            駆「泣くことないよ正宗。せっかく楽しい時間なのに。」 

            暁人「めんどくせーなー」

            一月「昨日の夜からたくさんお菓子作ってるよね?5000個」

            駆「会場のみんなのために」

            暁人「ちょっと作りすぎただけだ」

            一月「はいはーい。もう行くよー。お嬢さんのかわいい顔が早く見たいからね。」

             

            開演前アナウンスが大好きな作品だとテンションあがる!!

            5000個のお菓子を作りすぎたとは言わないよあっくん笑

             

            OPトーク

            作品ごとに出てきて、全員揃ったところであいさつー。

            ノルンチームは梶くんがディアラヴァと被ってるので、遊佐杉山佐藤で登場しました。

            梶くんだけちょっと離れたところにいるんだけど、梶くん挨拶のときにのぶくんのいつものポーズまねてのぶくんと向かい合ったりしてて、相変わらずこの二人は仲良しですねかわいいですね。

            ノルンチームは遊佐さんが白いジャケット、杉山さん佐藤さんがグレーのジャケットを着ていたので

            遊佐「チームジャケッツです!!」と遊佐さんがセンターになり3人でポーズを決めてたら、離れたところにいた梶くん(梶くんも黒ジャケット着てた)が「仲間にいれてくださいよーー!!」と走り寄ってきて、

            遊佐「声かけてよ〜?」(白々しい

            梶「掛けたでしょ!!」

            ってやりとりしてた笑

            ちなみに今回のオトパ、全公演含めて初めてなのは佐藤さんだけだそうです。

             

            ・バラエティコーナー

            「ポーズDEポーカー」

            試着室みたいなカーテン付きのボックスが6個登場したからなんか大がかり・・・と思ってたら、お題に沿ったポーズを互いが見えないボックスの中で取り、同じポーズをしている人がいたら得点というゲームだそうで。

             

            ポーズを考えてる間は外から見えないから、全裸だけはやめてください!!と煽る司会者たち

            梶「フリですか??」

            佐藤さんはジャケットを脱ぐフリをしてましたw

            梶「みんな脱がないですよね!?!?」

            さっきからそのことばかり気にしてる梶くん

             

            最初のお題は「ときめく女の子の仕草」

            森久保チーム:佐藤、高橋、平川、鈴村、梶、杉山

             

            森久保「それぞれの癖が・・・」

            鳥海「どなたがどんな闇を抱えているかわかりますね」

            確かにw

             

            3.2.1オープン!の声で一斉にカーテンが開くんだけど、おかしい人は目立つので面白かったです。

             

            佐藤さん:あちっ!と手を耳にやるポーズ

            パッと見なんのポーズかわからなかったんだけど、説明されるとなるほどなって。

            闇はなさそう

            高橋:開いた口の前に両手をあててびっくり!しているポーズ

            ときめく女の子の仕草・・・?

            平川:顔の横に指を立ててるポーズ

            これのパッと見わからないけど、うーんって悩みながら何かを選んでるポーズらしい

            そのポーズをしている平川さんがかわいい

            杉山:首痛めてる暁人の立ち絵・・・じゃなくて髪を掻き上げてるポーズらしい

            でも、立ち方も男っぽい感じで首痛めてる暁人にしか・・・

            司会の森久保さんも「首いたいの?」って言ってたしwww

            鈴村:胸と下半身らへんに腕をまわしてハダカを手で隠してるポーズ「あーんえっちー」

            ・・・

            ・・・

            ・・・

            司会者からスルーされる鈴村さんでした。

            梶:手を目に当てて俯き泣いてるポーズ

            鳥海「泣いてる子が好き」

            梶くんは闇が深そうですね・・・笑

             

            誰も同じポーズの人はいませんでしたね。

             

            鳥海チーム:柿原、遊佐、緑川、岡本、前野、立花

            お題「漢らしいポーズ」

             

            遊佐「ズバ抜けておじさんが2人いるんですけど」(緑川さんを指しながら)

            ポーズに世代が出る!って話をwwwしてたwww

            遊佐さんも緑川さんもとても若く見えるけどねぇ・・・アラフィフ・・・

            梶くんがさっきのお題よりもこっちのお題の方が簡単!嫌だ!みたいなことを言っていたら

            遊佐「嫌々言うな!!!」

            と一蹴。漢らしいですね笑

            カッキーは脱ぐんでしょー?と言われたり、みんな脱がせたいらしいw

            14日の昼回は服装のチェック率が高くて、立花、前野、緑川がチェック被りしてたため

            遊佐「我々チェックのスリーカードです」

            と既にそろってることを主張してました笑

             

            さて肝心のポーズですが

            遊佐:テメーは俺を怒らせた

            緑川:わが人生に悔いなし

            のポーズ。二人とも厨二病っぽい感じだった。世代を感じる言われていたおじさん二人笑

            立花:ボディビルダー

            前野:仁王立ちして腕組みしてる

            なんのポーズ?と思ったら風呂上りに鏡の前でしてるポーズらしい

            「心は全裸」

            岡本:ボティビルダー

            立花さんと若干違うポーズでね。。。惜しかった。

            柿原:国技。相撲。はっけよーい!してた。

            鳥海チームも誰もそろわなかったね・・・

             

            2回戦目はオトパ恒例客席にいって選んでもらうやつ!

            2階席に緑川さんが行くことになり、48歳が2階席に行っても大丈夫?と確認してました。

            緑川さんお客さんに記念になにか渡してて、ステージから「何渡したんですか?」と聞かれ「ひみつ♡」と答えるの最強でしょ。。。何この48歳・・・イケボ・・・好きです。

             

            2回戦目の森久保チームはVTRから出題だったんですが・・・

            VTR:岸尾だいすけ

            岸尾全開のVTRでしたwwwビデオレターは自由にできるから大好きー!!って言ってましたけど自由とかそーゆーレベルじゃなかった笑いすぎてお腹痛くて死ぬかと思ったwww

            会場にいる誰よりもテンション高かった・・・よくあのテンションでずっと喋っていられますね岸尾さん尊敬します!!

            会場の雰囲気大丈夫??とか途中で確認してたけど全然大丈夫じゃなかったよwww

            お題「森久保さんのモノマネが一番うまい声優は誰だ?」

            えwwww何それwwwwそしてVTRの途中から森久保祥太郎(CV岸尾だいすけ)が始まる

            岸尾(森久保)「オトメイトパーティーでテッペンとるッショ!」

            巻ちゃんwwwそれなんて弱虫ペダルwwwたしかにこの回森久保鳥海柿原とペダル回せる面子揃ってますけど大丈夫!?大丈夫なの!?

            岸尾「11森久保祥太郎ですから」

            ちなみに、本当のお題は「プロレスラーの決めポーズ」でした。

            後半ずっとCV岸尾による森久保祥太郎だったよ・・・私の腹筋返して・・・

             

            爆笑のVTRがおわり

            森久保「僕は今度彼とどういう距離感で付き合っていけばいいんでしょうか」

            僕がいないときでも(モノマネ)してるらしいんですよーと、本人もご存じのようでw

            岸尾さん森久保さんのモノマネ大好きですもんねw

             

            さて、コーナーの方ですが

            高橋、平川、杉山:イチバーン!のポーズ

            鈴村:猪木

            柿原:武藤

            佐藤:ジャイアント馬場

            って感じでスリーカードでした!

            5ポイントおめでとう!

             

            しかしそのあとの鳥海チームのお題「必殺技」

            5人全員がカメハメハー!を決めロイヤルストレートフラッシュの15点完全勝利でした。

            カーテン開いた瞬間みんな同じポーズなのは圧巻だね。

             

            森久保「岸尾に惑わされた」

             

            バラエティコーナー、完全に岸尾さんがすべてを持っていきましたもんね・・・VTRなのに一番記憶に残ってるよテッペンとったよ岸尾さん。

             

            ・メロきゅん

            アルバロ「君に出会えた奇跡に感謝してるよ。この恋が永遠に続くかは君しだい。せいぜい俺を楽しませてよね」

            アルバロずるいな〜と思っていたら、奇跡が起きました。

            杉山さんはノルンで参加していたから、あっくんなのはわかってたんだけど・・・

             

            杉山「ハンドルネーム七海・・・さん・・・から・・・え・・・?」

             

            杉山さん動揺。

            梶「七海から来たんですか!?!?!?」

            椅子から立ち上がり驚く梶くん。

            杉山さんの口から七海と言う単語を聞いてざわめく客席。

            そして声にならない悲鳴をあげる私←

            ステージ上で驚くノルンキャストの4

            司会の鳥海さんが、え?どうしたんです?と不思議そうにしていて、ヒロインの名前が七海なんです!!と説明するノルンキャスト(梶くんだったかな?

            鳥海さんもえ!?と驚き奇跡ですね・・・と。

            七海が降臨してメロきゅんしばらく中断したよね。だって、七海から暁人にだよ!?

            それをBOXから引いた杉山さん・・・これを奇跡と呼ばずなんて言うんだ!!!!!

             

            ほんと・・・目の前で起きる奇跡に感動してた・・・

            冷静な杉山さんも思わず取り乱してたもん。

            そして七海からのメロきゅんは

            暁人「バカヤローッ・・・んなこっぱずかしいこと言えるか!・・・ちぇ、わかったよ・・・。一度しか言わねぇからよく聞けよ・・・。あ・・・愛してる・・・」

             

            ああああああああああああああ愛してるああああああああああああ!!!!!!

            七海ちゃんからのリクエストで愛してるというあっくんあああああああああああああ

            ああああああああああああああああああああああああああああああああ

            ↑私こんな感じでしたw

             

            森久保さんのキャラも最後に「愛してる」の言葉が入ってたんだけど、オペラ調に

            「あーいーしーてーるぅ〜」とキャラ崩壊して言うものだから、最後になってしまった佐藤さんが

            佐藤「この後嫌です」

            と素直に言っていたw

            まぁ、オトパ初出演でメロきゅん初披露。最後になるのはしょうがないのです洗礼です。

            初めてのメロきゅんはみんなで見守ろう!となり佐藤さんの周りを座って囲むキャスト陣

            佐藤「梶さんとがっつり目が合ってる・・・」

             

            正宗「俺はお前のこと大事にしていきたいんだ。そんなかわいい顔されたら優しいだけ俺じゃいられなくなるだろ・・・(眼鏡をはずし、ポーズを決めながら)それでもいいのか?(二割増しのイケボ)」

            佐藤さん・・・とても頑張ってる!ありがとうございます!これぞメロきゅんですね!森久保さんお手本見せてあげてwww

             

            ・ディアラヴァ朗読劇

            森久保さん演じる月狼シンというキャラが、狼(眼帯してた)に変身できるので狼に変身した彼をペットにしてモフモフして癒されたい!という内容だったので、朗読劇後のトークで

            緑川「眼帯をした狼・・・モフモフ・・・別のゲームを思い浮かべますね」

            鳥海「僕もです」

            梶「違う声でできちゃう」

            と言っていて・・・!!!

            猛獣の話をしてくれて・・・!!

            めちゃくちゃ嬉しかったです。王子たちー!!!

             

            ・ノルン朗読劇

            ノルンは最後でした〜!!

            朗読劇の前になぎさんの歌唱があって、「many universes」を歌ってくれました!!

            いままで歌唱は朗読劇後だったんだけど、なぎさんは映像収録がだめで朗読劇後のトークに参加できないから前だったのかな?

            個人的にmeleeより好きなので、初めて生で聞けてとってもとっても嬉しかった・・・!

            イベントってOPを歌うことが多かったから・・・meleeも大好きなんだけど、ハッピーな二人を見た後に流れるこの曲が大好きなのです。

             

            「求む!ノルンご紹介案」

            正宗「空飛ぶ船ノルン〜兵器撲滅のための〜リセットを選ばなかった俺たちの使命〜旅を続けていた。実は今日あることを頼んでいた。」

            今回は正宗が朗読劇の設定を読む役なのね。朗読劇前恒例となりつつある背景説明。

            夏まっただ中の飛行船ノルンのお話です。

            画面上に5月の単独イベントのTシャツを着た立ち絵が登場しざわめく客席!

            オトパのために立ち絵作ってくれたのね・・・!

            兵器撲滅のため頑張る彼らなんだけど、民からの協力を得るためにノルンのことを紹介する映像を作るよう世界から言われて、どうしようか悩んでるという内容でした。

             

            駆「正宗、暗い顔してどうしたの?俺はいい案思いついたよ?ね、ヒヨコさん?」

            プーヒヨコ「ピピー!!!」

            ヒヨコさんも朗読劇出演者でした。佐藤さんありがとうございます!

            正宗「ヒヨコさんも手伝ってくれるのか。ありがとう。」

            プーヒヨコ「ピー!」

            駆「正宗どうしたの?」

            正宗とヒヨコさんの一瞬の切り替え生で見ると笑っちゃうねw

            そのあと会議室に移動になったんだけど

            駆「ピー!俺も一緒に行こうかな。」

            正宗「ピー!俺も。」

            みたいなやりとりあってピーピー言ってたのはアドリブなんだろうけど面白かったw

             

            会議室に移動すると一月と暁人も登場。

            一月ももちろんTシャツ姿、ネックレスしてたね?チャラさ上がってるよ!笑

            暁人は・・・Tシャツにエプロン姿wエプロンにもノルンマーク入ってた!

            暁人「(ノルンの紹介をしなきゃいけないことに対して)俺は暇じゃねぇ!」

            一月「晩飯の仕込みとかいうんでしょ!?あっくん朝の仕込みが終わったら昼の仕込み、昼の仕込みが終わったら夜の仕込み、仕込み仕込み仕込み・・・あっくん1日仕込みしかやってないでしょ!食堂のオバちゃんじゃない!!お玉もってかっこつけてても様にならないよ!!!」

            ノルンの紹介ですが、一月がキャラ相関図(懐かしい!)を作ってきてくれてて・・・

            続きを読む >>
            posted by: フー | レポ | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
            百花百狼 感想(ネタバレ有り)
            0
              「百花百狼」

              プレイ期間:2016.06.14-2016.06.19
              攻略順:月下丸→半蔵→蝶治郎→黒雪→五右衛門
              月下丸、蝶治郎は辛い内容です。物語を掴むのに最初に月下丸をやるのをオススメしますが、心折れないでくださいね。黒雪はネタバレがありますが、そのネタバレを知るとあれ?他のキャラの時は…と気になっても来るので、特に気にしないなら最初に特攻してもいいかと。五右衛門は辛くないので最後にやると少しは晴れやかな気持ちでゲームを終えることが出来るかなと。半蔵様は癒し。

              1週目6-7時間くらいで、2週目以降共通はほぼ既読スキップなので3-4時間くらい。そこまでボリュームはないと思います。

              久しぶりにD3の作品をプレイしました。ボリュームがあるわけではないので、じっくり1つの作品を楽しみたい方には向かないかもしれませんが、シナリオはきちんとおさまっていると感じたのでもやもやが残ることはありませんでした。
              忍びモノなので、酷なルートもあります。全体的に明るい話ではありませんし、悪は誰もが見ても明らかなくらい悪でした。
              槐ちゃんは強情なところもあります初恋もまだな控えめな女の子なので、恋愛はゆっくりと進んでいきます。急がず自分と向き合って答えを導き出します。ヒロインの顔グラありなのとても大好きです。言葉だけじゃなく、表情からも読み取れるしね。

              ■個別感想
              ※以下がっつりネタバレしますので注意

              ・月下丸
              護衛役、ゲーム的に都合のいい術だなーと思ったけど、それを知ると他のルートでもやもやすることないし必要な設定だなと。槐様命!な月下丸かわいかったです。

              ・半蔵
              半蔵様好きです。
              シナリオがいちばん好きなのは半蔵様。
              冷たいのかと思いきや、とても優しい人。一緒に過ごすことで、甘い雰囲気になるのかと思いきや全くそうではなく、でもだからこそ2人の距離は近づく。口調はそのままなのにどんどん態度が軟化するの最高でした。最後にはデレまくりだし家康様の前でもキスするしごちそうさまでした。

              ・蝶治郎
              「唇を、寄越しなさい。」
              この台詞がこの作品でいちばん好きな台詞であり、シーンです。キスシーンいちばん好き。
              蝶兄にしか言えない台詞。覚悟を決めた上で、文章だけだと上から目線に聞こえるけどそうじゃないの。そうじゃないの。
              バッドエンドのスチルもいちばん好きです。美しい。
              低音鳥海さん最高

              ・黒雪
              秀吉を殺した犯人、なわけですがルートによっては違いますね。影武者が死んだルートと本人が死んだルートと。知ったあと、どのルートで血を流していたか確認しました。
              槐に対する想いが、表に出さないだけで一番強いのは彼かと。ヤンデレですが共に堕ちていく2人…堕ちていた黒雪を上から救うのではなく、共に堕ち、そこから2人で上を見ていく。

              ・五右衛門
              裏切りは嘘だとバレバレでしたが、全員の中では暖かい…この作品に似合わない言葉ですが、暖かいルートでした。


              さらっと感想をまとめようと思っただけなので短いですが、とても楽しかったですよ!!!

              posted by: フー | ゲーム感想 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
              NORN9 HAPPY FOCUS 2016/05/22 舞浜アンフィシアター 夜公演 レポ&感想
              0

                http://rbplus.jugem.jp/?eid=261
                http://rbplus.jugem.jp/?eid=262


                 

                駆「バレたか」

                駆「荷物運ぶぞ!」

                駆こはー!ってなるところにもオチにこはるの桃www

                バレたかって言ってる時の梶くんの表情が「やられた」って感じの苦笑いで印象に残ってる。

                 

                アドリブだらけの朗読劇が終わりました。いままでのイベントではあんまりアドリブを入れて無かった杉山さんもたくさんたくさんアドリブを入れていてなんだか嬉しくなりました。個人的にMVPは阿部さんです。

                 

                ■ゼロトケイ

                OP同様メガスターによるプラネタリウム演出で、とても綺麗でした。

                2番を歌っている時にモニターに空愛の映像が流れていて、2番の歌詞と空愛がとてもマッチしているから感極まりました。空愛すばらしい。空愛は別格。

                ゼロトケイはノルンの世界を余すことなく表現していて、ノルンが好きなみなさんと同じ空間で同じ空気で歌えることが嬉しいとおしゃってました。

                織田さんの部分も収録されるのかな?してくださいね!

                 

                EDトーク

                EDトークですが、まず、下野さんのVTRでした。

                バラエティコーナーでVTR無かったから、昼の部だけかと思ったよー

                 

                下野さんVTR

                ちかい。なんとてちかい。

                そういえば、昼の部のVの終りにどんどん近付いて画面いっぱいに下野さんの顔(もはや肌色)で終わったもんね。続きですか。

                下野「みなさんこんばんはー!」

                と言いながらカメラから離れていく下野さん。やっと全体見えるようになりました。

                相変わらずテンションおかしいので、「大丈夫この人?」とキャスト陣から言われてました

                下野「もうきっと梶くんたちがいっぱい盛り上げてくれてるんでしょうね!」

                と、梶くんの名前を挙げるところが下野さんですね!しもかじ!

                下野「前回出演しなかった2人大丈夫ですか?心残りないですか?」

                瞳孔開いた目力がすごいというか正直怖い感じで喋り続ける下野さんに「まばたきをしろ」と杉田さん笑

                下野「阿部くん、大丈夫?爪痕残せた?心残りない?全裸になって爪痕のこしてもいいんだよ」

                阿部「意味がわからない」

                ああああ前回のイベントのネタだぁぁぁぁー!!!!!!!

                と嬉しくなる私。去年のイベントで下野さん将来の夢が警察官でその理由がパトカーに乗りたいからでいま全裸になればパトカーには乗れるって言われてああああ

                いや、違うかもしれませんよ?下野さんがただ全裸が好きなのかもしれないし(失礼)でも、前回のイベントで全裸のくだりがあったんです。下野さんがそのときを思い出してくれてその話をしてくれてるのなら、しかも前回のイベントにいなかった阿部さんに!!笑

                阿部さんわからないのに!!笑

                下野さん毎週のようにイベント出てるじゃないですか、年間でどれだけ出るの?っていうくらい。その中の一つのノルンのイベントが、下野さんにとって記憶に残るものだったらたとえ全裸でも私はとても嬉しいです。全裸全裸って言いすぎだな私。

                 

                そして編集される下野さんのVTR。突然ぶちっと切れて

                下野「どうぞ!」

                VTRが終わったと思ったら・・・

                 

                佐藤さんのサプライズバースデー!!!!!

                ステージ上に運ばれるケーキ。何が何だかわからずステージ上に倒れこむ佐藤さん。

                嬉しさがこみあげて口にてをあてて今にも泣きそう。

                佐藤「本当に・・・嬉しい・・・・僕こういうの弱いんです・・・。」

                と声を震わせ涙をにじませながら語っていました。

                会場のみんなで「おめでとうー!!!!」

                と言えて、私もすごく嬉しかったです。イベントでこういうのに立ち会ったことなかったから感動しました。スタッフさんありがとうございます。

                佐藤さんコメント!ってなり

                佐藤「へい!・・・へいだって笑」

                梶「江戸っ子ですね笑」

                佐藤さんの動揺は誰が見ても明らかでした笑

                 

                佐藤「32歳になりまして、ノルンは僕にとっても世界が変わったきっかけで思い入れのある作品です。」

                佐藤「本当こーゆーのだめなんですけど・・・」ってまだ涙ぐむ佐藤さん。

                最初のイベントの時、乙女ゲームのイベントが初めてでとても緊張していたなーって。こんな風にみんなから誕生日を祝われる日が来るなんて思いもしなかっただろうなって。はーノルンノネット大好き。

                アンフィシアターが感動に包まれる中、下野さんからのおめでとうVTRがあるということで

                杉田「いらねぇよ」

                 

                下野さんVTR

                手を叩いて笑う下野さん

                下野「おめでとうございます〜〜〜〜!!!!!!」

                なんだこの愉快な人は。

                下野「(佐藤さんとは)ラジオやって〜そうですね〜また機会があればラジオ・・・みなさんの応援あればさらに発展していくと思いますし、もしかすると色んなルート別のルートもアニメに出来たらと思います。これからも応援よろしくお願いします。」

                ドヤ顔したり会社名だしてここに言って!って言ったりさぁWWW

                下野「名残惜しいですが・・・」

                嘘泣きしながら、すんすんしながら、手を振り下野さんのVTRは終わりました。

                 

                梶「現場と温度差のあるVTRでした」

                本当にな。おかげで会場の雰囲気が元に戻りました。

                 

                ケーキはそのままで、一人一言。

                阿部「(この後)やりにくいですが・・・」

                初めてイベントに出演できて嬉しい。みなさんの応援のおかげです!と。

                私は今回のイベントで、ノルンにおける空汰の大切さを再認識しました。空汰あってのノルン。

                阿部「もう1回イベントできるとしたら愛音と!大人空汰もできるといいなと」

                阿部さん嬉しいことばかり言ってくれるよ〜!!生で空愛見れた日には・・・私どうなるのかしら・・・

                空汰にとって、アイオンは出会ったときから愛音だから、愛音という一人の女の子だから。

                阿部さん自身も一度も「アイオン」と言わなかったのは、そういうことなんだろうなって思いました。

                吉野「次回どこかで、自分の演じてるキャラクターでお会いしましょう」

                よっちんのコメント全然思い出せぬ・・・

                アドリブの話してたと思うんだけどなー

                杉田「ノルンは可能性の集合体で、輝かせるのも、爆散させるのもみなさんです。ヒロインの番外編待ってる」

                私も待ってる。一番待ってる。ノルンとんでもないものできるって。

                杉田さんもいつもいいこと言ってくれるよね。ヒロイン愛も隠さないし。

                杉山「昼夜と、朗読劇同じ内容でしたが、どうやって楽しくしようかみんなで話し合いました。かぶせたアドリブが他のキャラにも被弾してしまったり・・・この場をみなさんが楽しめたら。本編とちょっと違うイベントならではになったと思います。色んな展開があり、可能性のある作品です。今後も応援よろしくお願いします。」

                アドリブについての釈明?もしつつ、杉山さんらしいお話で、朗読劇についてキャストで話し合ってる図とかどんな感じなんでしょうね?

                こはるの桃について真剣な会議できるのだろうか?笑

                昼公演が伸びたから、夜までの時間全然なくて、その時間の中でキャストのみなさんが朗読劇について話しているとか、嬉しすぎるよね。。。休憩そんなに無いはずなのに。。。

                遊佐「最後にこんな誕生日まで祝っていただいて・・・」

                えーーー!!

                とキャスト陣も会場も。

                遊佐さんのこういうところ好きです。しれっとね。しれっと。

                遊佐「OPで言ったこと(深琴の彼氏発言)は嘘じゃないですよ。あいつとこいつ(小野斎賀を指しながら)むこととまことですからね。真実はゲームで!」

                次はフルメンバーで!と遊佐さんも言ってました。

                遊佐さんのいつでも一月が一番!がブレないの素晴らしいです。

                斎賀「素敵な時間をありがとうございました。ヒロイン3人も愛してもらえて、男性陣も愛してもらえて、この場に立てて幸せです。」

                ノルンがあり、ユーザーのみなさんがいたからこそ!と。

                梶「なづまさん」

                小野「あづまだよ!!ぶち込むね梶くん。」

                梶「これが最後かと」

                小野「間違った記憶植えつけるとよくない」
                小野「織田さんが歌ってる時感動しました。メガスターというらしいですよアレ。(客席に)泣いてらっしゃる方がいてぐっときてしまって。ノルンに関わるものとして嬉しいです。(夏彦は)星が好きで、僕、よく星が好きな役をやるんですよね。佐藤くんの涙にもキュンとして、あったかいイベントだなと思いました。OVAとかでもまたアニメを見たいですね。これで終わりたくないです。(朗読劇がひどかったので)ゲームプレイして本当の僕たちを見てください」

                小野さん…小野さん…終わりたくないとか言わないでください。穏やかな口調で、穏やかな表情でノルンについて話してくれて、自分の話す一言一言を噛みしめているようでした。

                嬉しい、嬉しい。こんな風に話してくださることが。

                あやひ「一言、二言、深琴!(三言)言わせてもらいます!!」

                斎賀「すいません!!」

                小野「撃つぞ!!」

                あやひ、一言(人差し指立てる)二言(中指もたててピース)深琴(親指だけたてて自分を指す)

                っていう、なんとまぁテンポの良いこと笑

                これは上手だと思いました。動作もマッチしてて今日いちですね!

                あやひ「出てくる前小野さんに、ダジャレ言わないの?と言われ思いつかないですねーって言ったのに、歩いてる時に思いついてしまったので言いました。」

                あやひ「アニメでみんなで絡んで、イベントで一同に会して、これがノルンのチームなんだって団結力を感じました。作品に対して思いを分かち合えることを嬉しく思います。ゲーム中では未来や過去の話、ラブラブな話・・・ご両親に結婚を許してもらいに行くというエピソードもあったりしますので。ノルンがみなさんの心の栄養になると嬉しいです」

                心の栄養です。ノルンによって生きてます。

                佐藤「さきほどはありがとうございます。作品では、彼は立場上みんなをひっぱっていくんですが、(自分は)キャストみんなにひっぱってもらっていて、(3年前)初めてのイベントで緊張したけどすごく暖かさが溢れていて、今回も帰ってきた気がするなと思いました。アニメになったけど、これからも可能性のある作品です。みなさんの力でこの船を進めてください。よろしくお願いします。」

                藤村「みなさんのアドリブがすごくて、裏で笑いが止まらなかったです。長年のチームワークだと思いました。こはるの桃は決して如何わしいものではありません。感動的なアイテムです。本日は本当にありがとうございました。」

                ノルン愛についても話してました。ノルン愛って言葉がキャストさんから出るんだよ??

                こはるの桃についての釈明?にはみんな笑ってましたw

                梶「この1つの乙女ゲームの作品でここまで何度もイベントをさせてもらって、作品愛、キャラクター愛がすごいなって思います。昼、夜、色んな形で楽しみました。

                アニメでは、駆がありがたい感じになっていましたが、下野さんも言ってましたが、映像でも…OVAでも!引き続き盛り上げてくださると嬉しいです。次は全メンバーで!!」

                 

                続きを読む >>
                posted by: フー | レポ | 16:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
                NORN9 HAPPY FOCUS 2016/05/22 舞浜アンフィシアター 夜公演 レポ&感想
                0

                  http://rbplus.jugem.jp/?eid=261

                  商品は昼の部同様桃で・・・こはるの桃で・・・!!

                  梶「ちょっと待ってデジャヴ。僕が昼に・・・!!」

                  そして、藤村さんの持つこはるの桃は梶くんの前を通り過ぎ一番奥の七海組のもとへ。

                  梶「こはるどこにいくんだーーーーー!!」

                  このとき桃を持ちながら梶くんを通り過ぎる藤村さんの表情が・・・なんというか・・・してやったりって感じまではいかないんだけど上手く言葉にできないけど良い表情をしてたので是非円盤で!!!!

                  七海チームにこはるからこはるの桃が送られ、

                  杉田さんはこはるの桃をなでなでしてました笑なんかやらしい。

                  梶「こはる・・・こはるー!!」

                  こはるカウンターは今なお健在です。このイベント中にも何回言ったのやら。

                  杉田「やったぜ!!!」

                  !?!?!?す、杉田さんのやったぜ頂きましたー!!!昨年のイベントでアニメこはるをみた瞬間に言ってたやつ!!

                  杉田「色んな意味で後でミキサーに」

                  佐藤「色んな意味聞くの怖い」

                  あやひ「ちょっとよくわからないので、聞いちゃいけない匂いがします」

                   

                  バラエティコーナーが終わり、お知らせの時間。お知らせもちゃんと背景が夜になってたから昼とは違う情報来るんじゃないかってどきどきしました。結局昼夜いっしょで新情報は無かったんだけど、告知の時間心臓に悪いから本当にやめて欲しい。

                  まず、一番最初に「新情報があるかないか」を教えてからVTR流してほしい。心の準備しないと心臓もたないから。ずっとどきどきしてるこっちの身にもなってほしい←

                  告知はヒヨコさんがしてくれたんだけど、エポスの宣伝の時に、ヒヨコさんが横を向いて「ヒヨコでも・・・カード作れる・・・よね?」って言ってるのかわいかった。正面のヒヨコさんもかわいいけど横向きのヒヨコさんもかわいい。

                   

                  ■朗読劇後半

                  平士「はーTVの番組結構楽しかったな」

                  駆「中々いい暇つぶしになったし」

                  なづまだかあづまだかよくわかんない人もまじってたし、と食堂でみんなが雑談しているシーンからスタート

                  正宗「掃除中なんだから手を動かせ!」

                  雑談中ではなく掃除中だったらしい

                  ヒロインたちと千里くんいないね?ってなるんだけど、ヒロインたちは街に買い物。

                  千里部屋に迎えに・・・正宗「千里は特注でわら人形を100体作らなきゃいけないらしく忙しいんだ。いま83体目らしい。」

                  そっか・・・大阪でトークライブしたりわら人形作るために部屋に引きこもったり千里くん忙しいね。ちなみに、昼は82体だったので、昼夜の間で1体増えました。頑張れ千里!残り17体!!

                  そんなことをしている千里くんに対し、駆「あとで楽しみにしてろよ」

                  ヒロインは街に降りてしまっているので、食堂には男しかいません。

                  一月「ムサくるしい野郎ばっかじゃん。お嬢さんのやわ肌に触れたry

                  懲りない一月は、朔也に粛清されました。斎賀さんの昼以上の力強い声に爆笑w

                  一月「めまいが・・・・・」

                  暁人「室星いつまで寝そべってるんだ」

                  ちなみに昼らしい。

                  ロン「飯の時間?昼飯の時酒飲んでいい?」

                  だめだ!と怒る正宗さん。相変わらず大変や。

                   

                  いつも通りの日常が繰り広げられる中、ピコピコ!とゲームのSEが聞こえ画面にVitaっぽいものが映ります。

                  平士「何してんだ?」

                  空汰「ゲームだよ?・・・この時代ゲームまだないのか。」

                  駆「楽しそうだね。ちょうど次の遊びを探してたんだ」

                  平士「ちょっと俺にもやらせてくれよ!」

                  ピコピコ!とRPGをやってるような音が流れるが・・・すぐにGAME OVER 

                  空汰「平士死んだよ」

                  平士「え!?俺死んじゃったの!?」

                  暁人「全くくだらねぇ」

                  平士「いいからやってみろよ!」

                  と、あっくんも平士に無理やりやらされるわけですが・・・一瞬でGAME OVER

                  あっくんヘタクソ〜笑

                  正宗「遊びは掃除終わってからに・・・」

                  平士「他のゲームないのー?」

                  空汰「みんなはどんなゲームがいいのさ」

                  駆「俺はー野菜とか、こはるの桃とかを育てる育成系かな」

                  こはるの桃www育てるのwww

                  平士「俺は人をバンバン殺していくやつがいい!」

                  ロン「俺も人をバンバン殺していくやつがいいなぁ?」

                  一月「同じことを言ってるのにロンさんが言うと物騒だな・・・」

                  一月「まーくんは〜服をどんどん脱がしていくゲームがいいいよね〜」

                  正宗「な!?お、俺はそんな!?!?」

                  平士「お前からそーゆー気持ち溢れ出てくるのを感じるぞー?」

                  駆「・・・」

                  駆「さっきマサムネージャーが何かしてたけど、即刻うちのチームからいなくなって紙飛行機になってもらうよ?」

                  不穏

                  一月「俺はゲームとかではなく現じっry

                  朔也「お゛げあああああああ!!!」

                  なんかもう朔ちゃんの攻撃時の掛け声がどんどんパワーアップしていくよwwww

                  朔也「たったいま僕らのチームは2人なったよ!(満面の笑み)」

                  一月「(消えそうな声で)俺もいるよ・・・・・・・・・・・」

                  暁人「遠矢、加賀見、室星で問題児チーム作れよ」

                  まーくんまで問題児に。チームお酒組!

                   

                  空汰「今のみんなにぴったりなゲームをとってくる!」

                   

                  空汰が取ってきたゲームは・・・なんと・・・笑

                  「恋するノルンノネット」という乙女ゲームwww

                  それじゃあみんなどの子にする?と気になる子を選ぶ流れなんだけど・・・

                  空汰「みんなさっきのコーナーでこはるの桃貰えたの?」

                  駆「それは言わないで・・・・」

                  暁人「恋愛とかこはるの桃とか興味ねぇ」

                  暁人からもこはるの桃発言が!!!!杉山さーーーーん!!!!

                  みんなに掃除をしてほしい正宗だけど

                  一月「ちょっとくらいいいじゃん?マサムネージャ?」

                  正宗「仕方ないか・・・」

                  となるので正宗さんは甘いですね。

                   

                  恋するノルンノネット!

                  画面にどんな子がいるかシルエットと共に映し出されるんだけど・・・

                  ―秧茲芭薺契気靴せ

                  つまり、こはるです。シルエットこはるだし。

                  気が強いけど押しに弱い子

                  つまり、深琴。

                  2燭鮃佑┐討い襪わからない不思議な子

                  七海

                   

                  バン!と鳴り響く銃声

                  夏彦「今日こそ深琴を連れ去る・・・!」

                  一月「あ!お酒に弱い男前のお兄さん!」

                  夏彦「なん・・・だと!?」

                  一月「一杯で、『バンッ!

                  正宗「夏彦!!!新しく乗船してきた人だ!」

                  銃乱射してるけど正宗がそういうならそうなんでしょう笑

                  平士「問題児の能力者?」

                  夏彦「能力者でも問題児でもない!」

                  一月「なづま」

                  夏彦「あづまだ!」

                  正宗「仲良くしてくれ・・・」

                  平士「よしひこ?」

                  夏彦「夏彦だ!」

                  朔也「あれ・・・?この人どこかで・・・?さっき画伯の絵で・・・?」

                  夏彦「き、気のせいだ!」

                  朔也「なづまさんにも選んでもらおう」

                  夏彦「「あづまだと何度言えば!!撃ち殺すぞ!!」

                  平士「世界のナヅアツさんは」

                  もう、どれが原型だかわからないと大変おかしな状況に。

                  駆「ナヅアツさんw」

                  夏彦「ちょ、待てよ」←突然のキムタク

                  ずっと笑ってたけど、世界のナヅアツで腹筋崩壊したし「ちょ、待てよ」は夏彦というかただの小野Dでした。よっちん上手すぎるというか、もう、面白すぎ恋するノルンどこいった。

                   

                  ふぅ・・・。でも、ちゃんと朗読劇は進行するんです。気を取り直して選ぶことに。

                   

                  ,鯀んだのは駆、正宗、千里(駆が選んだ)

                  駆「どことなく容姿がこはるに似ている気がしてね」

                  正宗「仕事で疲れているときに癒してくれそうな気がして。いや・・・そこにやましい気持ちは・・・な、ない!!断じて無い!!!」

                   

                  △鯀んだのは朔也、一月、夏彦

                  空汰「(2番は)いわゆるツンデレ」

                  一月「はいはーい!こういう子を、じーーーーーーっくり、じーーーーーーーーっくり攻め落として行くのが大人の楽しみなんだよ」

                  朔也「本音が言えない子の、肩の荷を下ろしてあげたい」

                  夏彦「俺も同じだ。黒髪、ロング」

                  夏彦それでいいの?笑

                   

                  は平士、ロン、暁人

                  平士は素直に七海に似てるから!って言ってたな?かわいい。

                  ロン「不思議系といってもちょっとこすればすぐに・・・」

                  杉田さんは何を言ってるのかな。

                  暁人「七海に似てるとか、そんなことねぇし」

                  あっくん七海呼び!!

                   

                  みんなキャラクターを選んだところでーゲームスタートです。

                  七海組から。最初は平士

                  「今日は休みの日。彼女をデートに誘うならどこ?」

                  2人で映画館

                  △澆鵑覆BBQ

                  みんなで遊園地

                  悩む平士。

                  一月「はぁ!?(声張り上げる)どう考えても,任靴隋」

                  平士「はぁ!?(対抗して張り上げる)だってせっかくならみんな楽しいほうがいいだろ!!3にきーめた!!どーだ!!」

                  平士はそうだよね、うん。みんなで楽しめる方選ぶよね。

                  結果

                  〜友情END

                  平士「なんでだなんでなんだそんなー!」

                  一月「当然の結果だね。」

                  続きを読む >>
                  posted by: フー | レポ | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  NORN9 HAPPY FOCUS 2016/05/22 舞浜アンフィシアター 夜公演 レポ&感想
                  0
                    NORN9 HAPPY FOCUS 2016/05/22 舞浜アンフィシアター
                    夜公演
                     
                    レポ&感想
                    終始興奮しっぱなしで、支離滅裂な個所も多いと思いますので、読まれる際は心のノルンノネットを広くして頂けると助かります。
                    キャラ名、声優名がごちゃごちゃになったり敬称略というか雑に呼んだりもしているので注意です〜
                    あととっても長いので、お時間あるときにどうぞ!読み返してないから誤字脱字も多いと思います。
                    よく覚えてないところはこんなんだったかな?って文章繋げてるので真実は円盤で確認だ!!私も早く見たい!!昼夜カットすることな・・・っていうのは難しいだろうけど、1秒でも多く収録してくださいお願いします!!!
                     
                    ではでは、つらつら書いていきます―
                     
                     会場内の画像がノルン船内の夜の風景に変化
                     
                     開演前アナウンスは七海組
                     平士「おーいみんな、聞こえるかー?あれ、何も聞こえないなー。まだみんな集まってないのかー?」
                    平士「みんな大きな声で返事してくれー!」
                     会場「はーい!」 平士「やっぱり何も聞こえないぞ。」
                    会場「笑」
                    暁人「当たり前だろ。お前の能力は一方通行なんだ。」
                    平士「すっかり忘れてた」
                    暁人「室星はどこにいった?」
                     平士「客席に寝に行った」
                    暁人「室星こっちにこい」
                    ロン「何?寝心地のいい場所見つけたんだけど。ほらこのへんとか」
                     暁人「もうすぐイベントが始まる」
                     ロン「それって俺も出るの?」
                     暁人「任された仕事とっとと終わらせるぞ」
                    会場内の注意説明を暁人と平士がする
                    暁人「室星も仕事しろ」
                     ロン「めんどうだなぁ、はーい」
                    ロン「会場内の喫煙は禁止。タバコ吸うときは…ここでいっか。」
                    暁人「よくねぇよ」
                    ロン「指定された場所で…殺しも指定された場所でするなぁ(というようなことを言っていた」
                    ロンさんが煙草の説明するのぴったりー!と思ってたら不穏な雰囲気に笑
                     暁人「とっとと始めるぞ」
                    平士「楽しい思い出いっぱい作ろうな!」
                     
                    会場内が真っ暗になりカザキリが流れメガスターによるプラネタリウム演出!!
                    ステージの中央部分が下がり、メガスターが乗って上がってきたんだけど、昼の部の時は何が起きてるかわからず会場に星空があふれた瞬間めっちゃ鳥肌立ちました。
                    サイリウム禁止の理由は、これだったのか・・・アニメ同様大平技研さんが関わっていて、
                    カザキリの音楽を聴きながら星空に囲まれてとってもとっても素敵なイベントの始まりでした。
                    途中でOPムービーとして出演されるキャラ名と声優名がアニメ立ち絵と一緒に画面に表示されてました。
                    昼夜でキャラ紹介の順番違った気がするんだけど意味あってのことなのか・・・
                     
                    朗読劇前半
                     昼と夜同じ台本ですが、夜はアドリブの嵐なので違ったものになりました笑
                    3年目、3回目の単独イベント いままでのイベントでもアドリブはあったけれど、無茶振りではなく、キャスト同士息のぴったり合ったアドリブで感動しました。 朗読劇1つとっても、ノルンノネットという作品の成長を感じました。
                     
                    朗読劇は空汰からスタート!倉庫で空汰がTVを見つけ、空汰が様々な番組を見るというものでした。1つ1つは短かったけれど、安定の絡みから珍しい組み合わせまでキャラクター同士の色んな面が見れてとても面白かったしイベント!って感じでした。
                    千里くんも七海ちゃんも収録済みの音源を流す形で朗読劇に参加していて・・・それはいままでのイベントに無いことだったので、とっても、とーっても嬉しかったです。スタッフさんありがとう。
                     
                    空汰「うーん、ないなぁ。正宗が倉庫に行けば楽しいものがあるって言うから来たのに。ガラクタばかりだよ。これ、TV?電源入るかな?ポチッ!」
                     
                     暁人「チッなんで俺がこんなことを…」
                    平士「暁人そんなこと言うなよ」 (お弁当もぐもぐしながら言うよっちんとてもかわいい) 飲み物はー?って誰かが言って、
                    千里「はっはい!どうして僕がこんな肉体労働を…」 (水を運ぶ千里ちゃん)
                    昼の部でこれ聞いたときえ!?え!?千里がいる!?って会場が喜びと驚きに包まれてました。昼夜の方が多いから、夜ではそこまでざわっってならなかったかな。
                    ロン「これ(カメラ)、重いなぁ捨ててもいい?」
                     正宗「ちょっ!ロンそれが無いと撮影できないだろ」
                     一月「はいはーい!お嬢さんこっち向いてとびきりの笑顔見せて〜
                    駆「よし、そろそろ楽しいひとときの始まりだ。」
                     
                    TV番組 「クイズノルン」
                     出演者:朔也、平士、暁人、駆
                    朔也「司会は、僕二条朔也が担当します。」
                    平士「1番。乙丸平士19歳。特技は笛を吹くことです。よろしくな!」
                    暁人「2番。宿吏。」
                    駆「3番。結賀駆。」
                     朔也「以上3人が豪華商品をかけて挑戦します。」
                    平士「よーし!豪華賞品ゲットするぞー!牛!?牛か!?」 暁人「高級食材…絶対に負けてらんねぇ…!」
                    駆「平士に暁人。このメンバーなら余裕で勝てるかな。」
                    朔也「知ってて当たり前の超常識クイズ。」
                     
                    Q1「深琴の誕生日はいつでしょう?」
                    平士「え?え?えー??いつだ…なぁ暁人?」
                     暁人「知らねぇよ。」
                    駆「こはるの誕生日も知らないっていうのに知ってるはず無いだろ。」
                    朔也「はーい。時間切れー。96日。乙女座だよ。」
                     
                    Q2「深琴の好きな食べ物はなんでしょう?」
                    朔也「わかった人は挙手して下さい。」
                    暁人「これのどこが超常識なんだよ…」
                    平士「深琴の中の人はダジャレが好きだろ…まんじゅうとか?」
                    正解はもちろん鮭でした!私たちは知ってたよ朔ちゃん!!
                     
                    Q3「深琴がハイハイできるようになったのはいつでしょう?」
                    暁人「こんなこと俺たちが知ってるわけ無いだろ!!」
                    朔也「ンッフフ…(怪しい笑い)それでいいんだよ。僕が一番深琴のことをわかってる。」
                    平士「なんだよそれ。」
                    これ答え教えてくれなくてさー知りたかったよ深琴ちゃんの初めてのハイハイ…笑
                    朔也「第4も」『プチッ』(テレビを消す?チャンネルを変える?音)
                     
                    空汰「この番組見てると深琴に詳しくなりそうだね。朔也怖いね。」
                     
                    TV番組◆屮離襯 スカイ」
                    出演者:一月、ロン、正宗、夏彦
                    一月「ここからは大人のトーク番組だよ。カンパーイ」
                    ロン「タダ酒バンザーイ」(飲むマネ)
                    正宗「お題もあるんだぞ。と、えー…どこのどなたか存じ上げない方…(夏彦の方を見ながら)
                    夏彦「おい、ロン。俺とお前が仲間だとバラすんじゃ…(小声)
                    ロン「顔近いよ」
                    一月「こいつ新しく乗船してきた人?」
                    ロン「こいつは夏『バンッ!!!』
                    正宗「こんなこところで発砲しないでくれ・・・」
                    俺とあいつが知り合いだってバレたら信用が…とかなんとか
                    一月「この人めっちゃストレス溜まってるんでしょ!ほら、飲んで飲んで飲んで〜」
                    突然始まる一月のコール笑 なにこのノリ大学生なの?www
                    夏彦「さ、酒は…(上を向く小野D) そして倒れるSE…
                    一月「一口飲んだだけで…」
                    正宗「…今日だけは一月グッジョブ!(小声」
                    ロン「お題あるとか言ってなかった?」
                    ロンさん話聞いてる!?びっくりだね!?←
                    正宗「現在気になる女の子について」
                    一月「はいはーい!もちろん俺はお嬢さんに決まってる」
                    ロン「七海で寝たい」
                    昼は七海「と」だったのに・・・笑
                    正宗「七海…で?」
                    一月「うん、うん。まーくんは?」
                    正宗「あいつのことそんな風に思ったことは…!」
                    ロン「まじで?」
                    正宗「こはるの桃のことなんて何も…!」
                    こはるの桃www昼の部のバラエティコーナーの景品ネタがwww(こはる組(駆、正宗、空汰)が勝って桃をゲットしたので、こはるの桃って呼ばれることに)
                    もう爆笑だよねwww朗読劇がアドリブだらけになる予感しかしません。
                    夏彦「オレ…ハ…ナント…シテ…デモ…ケカイ…テニイレ……おうぇ」
                    酔っ払い夏彦はカタコトだし吐くし大人組カオスすぎるwww
                    一月「あの人なんて言ってるの?」
                    ロン「サイボーグみたいだね」
                    夏彦「イヤだー」バンッ!バンッ!!
                    酔っ払って暴れて銃乱射する夏彦www 正宗は『夏彦』って呼べないから「どこの誰だかわからない人やめるんだ!めんどくさい!」ってなるし
                    ロン「わー夏彦楽しそう。俺もー」 ってロンさんも暴れたがるしカオスでした。
                    そしてブチッと切れる番組www
                     
                    空汰「こはるの…もも?」
                    彼らのこと恥ずかしいなぁって言ってたよ空汰…うん…ダメ大人バンザイ\(^o^)
                    てかね!てかね!?
                    もも?の部分で首をかしげる阿部さんがかわいくてかわいくてかわいかったです〜完〜
                     
                    TV番組「不知火七海のお料理バンザイ」
                    出演者:七海(録音音源)、平士、暁人
                    七海「この番組は不知火家に代々伝わる薬草を使った料理を紹介する」
                    平士「アシスタントの乙丸平士19歳。今日は七海と一緒にサラダを作ります。」
                    まずはドレッシング作りから
                    平士「しょうゆ、しお、さとう、隠し味にケーキ。まんじゅうも捨てがたい。適当に入れちゃえ!七海ー!そこにあるサカナとエビも」
                    と、ドレッシングとは思えない何かを作る平士SEもドボッとかぶくぶくっとか魔女鍋のよう… そして… 画面上にメイドヒヨコさんと共に
                    ※ただいまとてもお見せ出来ない映像が流れております 自主規制
                    の文字がwww
                    自主規制される平七の料理よ…
                    暁人「こんな番組打ち切りだ!俺は認めない!!」
                    ついには暁人が乱入して止める羽目に。食材は無駄にしちゃダメダヨー
                    七海「むぅー横暴…」
                    ↑はい、かわいい。七海ちゃんの「むぅ」出ましたー!かわいい!KAWAII!!俺の七海!!!
                     
                    空汰「それ、どんな料理になるんだろ…」
                    もはや料理なのかわからないね空汰くん…
                     
                    TV番組ぁ屮離襯鸚鐶皀泪汽爛優献磧次
                    出演者:一月、こはる、正宗、駆
                    こはる「あ〜れ〜おたすけを〜」
                    深琴、七海は既に一月に囚われているらしく、残りはこはるだけ状況らしい…
                    一月「ノルンの女の子はみんな俺のもの」
                    正宗「まてーーい!」
                    一月「誰だっ!?」
                     正宗「この世に悪が蔓延る限り(とかなんとか)ノルン戦隊マサムネジャー」
                    セリフ終わった途端『キュピーン!」というSEが流れそれに合わせ指を上に刺し決めポーズをする佐藤さん。
                    昼夜で違ったし夜の方が気合い入ってたw 決めポーズしたあと、「よし!」って言ってたしw 会場は爆笑だよwww
                    しかし弱いマサムネジャーさん。昼と違いみんなの言い方がマサムネェ↑ジャーになっているというおかしさ。イントネーションの位置も伸ばす位置もおかしいよwww
                    一月「サクヤージャーの方が強い」
                     正宗「なんて俺は非力なんだ…」
                    ヒョーイと、ヒヨコさんが飛んでくるときのSEが鳴る。しかし飛んできたのはヒヨコさんでは無く、画面に現れたのは…

                    空から落ちてきたものは、甘いもののチョコレートでした。さて、どうする!?マサムネェ↑ジャー!?
                    正宗「この力は大きすぎて制御不可能…俺は…俺は…理性を取る!」
                    一月「さぁこはるちゃん?4人で…フフフフフフーーー仲良く〜温泉に〜入ろうねぇ〜〜〜?」
                    正宗「こはると温泉!?俺も一緒…………なんてハレンチなんだ!」
                    一月、悪いがヒロイン達と一緒にお風呂に入るのは女子である私が先だ!←
                    正宗「覚悟を決めろということか…!」
                    チョコレートを食べるマサムネェ↑ジャー
                    駆「説明しよう!チョコレートを食べるとマサムネェ↑ジャーは理性を全て忘れ通常の倍以上の力を出せるブラックマサムネェ↑ジャーになってしまうんだ!(ドヤァ」
                    梶くんも説明終わったあと顔の横で人差し指立てて決めポーズしてたよ笑
                    wwwお前ナレーション担当だったのwwwカケルジャーになって一緒に助けるのかと思ったらwwww イベントならではだな〜メインヒーローが正宗さん主役の話でナレーション。なんかいいね。
                    そして、チョコレートを食べてブラックマサムネェ↑ジャーになってしまった正宗さん…。 正宗(掛けていたメガネを取り胸ポケットにしまう)
                    一月「俺、忙しいー」
                    正宗「ブラックマサムネェ↑ジャーキーーーック!!!」
                    倒される一月
                    正宗「こはるぅ…お前は…俺だけのものだ…」
                    こはる「いつもと様子が…こっちに来ないで下さい!こはるの桃はここにはありません!!」
                    こはるの桃wwwだからwwwお腹痛いwww
                    正宗「美味しそうな桃だ…」
                    駆「次回!マサムネェ↑ジャーこはるの桃を食す!」
                    画面には昼同様「マサムネジャー死す」って言う次回予告でしたが夜の部はこはるの桃でしたwww
                     
                    空汰「うわ、食しちゃうんだ…」
                    アニメでは正宗さんは甘い物が苦手、という描写はあったけど食べたらどうなるかは描かれてなかったので、こうしてアニメのイベントでそのことを描いてくれるの嬉しいなって思いました。完全にギャグではあるけどもw
                     
                    TV番組ァ屮離襯麋術館」
                    出演者:朔也、深琴
                    このタイトルでこの面子・・・見なくてもどんな番組かわかるね?
                    朔也「絵描きの大先生をお呼びしてます。」
                    深琴「大先生の久我深琴よ(ドヤァ!)」
                    あやひ腰に手を当ててた気がするーかわいいー
                    朔也「深琴画伯、よろしくお願いします」
                    深琴画伯、得意の襲撃犯の絵を描くことに。画面に夏彦の立ち絵と説明が映し出され・・・
                    そんなの簡単よ、と深琴ちゃんは一瞬で仕上げます。本当に一瞬で。
                    深琴「できたわ」
                    朔也「早い!これは・・・すばらしい。もう完全にそのものだね。これは絵と言うより写真だね」
                    画面に表示されてる深琴画伯の絵はみなさんご存じの通りアニメでは空汰に虫とまで言われたアレですが、朔ちゃんが安定すぎて・・・朔ちゃんのすごいところはさ、本当に心からそう思ってることだよね。きっと私たちの目に映る深琴ちゃんの絵と朔ちゃんに目に映る深琴ちゃんの絵は違うんだと思う。
                    深琴「あら?褒めすぎよ。特徴は捉えていると自負しているわ。」
                    朔也「うんうん(激しく同意)」
                    深琴ちゃんの絵が完璧すぎるので、こうだね、とアニメ立ち絵から深琴画伯絵にプロフィール画像が差し替えになる夏彦www
                    そしてステージに現れる小野さん。あやひのマイク位置まで歩いていき・・・
                    夏彦「撃ち殺すぞ!!」
                    深琴ちゃんのマイク奪っていうっていうね。驚いたあやひの顔かわいい♡
                     
                    空汰「眼科に行ったほうがいいね。」
                     
                    TV番組Α屮離襯STATION
                    出演者:千里(録音音源)、暁人、駆
                    暁人「リポーターの宿吏だ。この船で訴えを起こしたい奴がいるらしい。」
                    画面に映し出される、モザイクはかかってるけどバレバレの千里くん。プライバイシーのためならもっとモザイクかけてあげてwww
                    千里「思い起こせば数か月前・・・人の役に立つ仕事だという名目であの船に強制的に乗せられました。そこで僕はYに出会ったのです。」
                    画面「そのYに何されました?」
                    千里「初日から勝手に部屋に入り殴る蹴るなどの暴行を加え、過酷な肉体労働を押し付けられ、僕は心身ともに疲弊しました。そして僕のチームに新たに女性が加わるとさらに仕事を押し付け、自分は女性とずーーーーーっとイチャイチャイチャイチャイチャ・・・・」
                    イチャイチャ、10回くらい言ってたんじゃないかな?っていうくらい長かったです。
                    そのとき杉山さんがフフッと笑っているのを私は見逃さなかった!杉山さん聞くの初めてじゃないだろうに笑
                    千里「その女性の前で鼻の下を伸ばしているYを見ていると、こんな奴に苦しめられているのかとなんとも言えない気持ちになりました。どんだけこはると呼ぶんだと!どんだけ好きなんだよと!そう梶くんさえいなければ・・・そのYさえ・・・Yさえいなければ・・・」
                    梶くんって言っちゃうの千里くんwwwアドリブみたいな録音でさ、もう千里くんアンフィにいたよね。どんだけ、のところ力入ってて笑ったわ。呪いのわら人形なんたらって最後に言ってたな。
                    Yさえ・・・のところらへんで、梶くん出てきます。
                    駆「ふーん。なるほど。Yって、誰のこと?」
                    千里「出た悪魔―!!!!!」
                    駆「誰が悪魔だって?今日大阪でトークライブしてる千里?」
                    大阪wwwトークライブwww
                    暁人「千里・・・何もしてやれない俺を許せ・・・」
                     
                    空汰「へー現場って大阪なのか」
                     
                    TV番組А屮離襯鵐薀屮好函璽蝓
                    出演者:ロン、駆、深琴、夏彦
                    ロン「ノォルゥンラァブゥストォリィ」
                    www待ってwww待ってwww杉田www舌巻きすぎwwwロンさwwwキャラ崩壊wwwwお腹痛いwwwつらいwww
                    ※昼はちゃんと読んでました
                    ロンさんの声色だけどwwwここまでぶっとんでると一周回ってありだな!ってwww
                    駆「君とぉ・・・(吐息)出会った・・・(吐息)瞬間ン・・・(吐息)から・・・」
                    昼にも増して吐息ありすぎな梶くん。ねぇ?これなんなのwww
                    深琴「そんな・・・あなたの凛々し↑い顔立ちに惚れ惚れ・・・」
                    あやひも吐息ありだったけどそれよりも凛々しーいのところがwwwし↑いになっててずっとお腹痛かったwwwあやひ右頬に手を当ててセリフ言っててかわいかったんだけどさぁwww
                    駆「君を・・・強く抱きしめて・・・もっと・・・!こっちに!!」
                    深琴「えっええ!!!!今すぐあなたのもとに飛び込んでぇ〜」
                    あやひ様子おかしいね?深琴ちゃん恥ずかしさのあまりセリフちゃんと言えてないね?
                    駆「さぁ・・・胸に飛び込んで・・・!さぁ早くおいで・・・かわいいお姫様♡」
                    深琴「ひ、ひめさま!?や、やっぱ無理!!!」
                    あやひ顔の前で無理無理!と大きく手を振っていた
                    ロン「チョットチョットー台本通りヤッテヨーホラホラホラァー」
                    だから何キャラなの!?中国人みたいだよ!?
                    駆「俺だって必死にやってるんだよ。こはるだ、こはるだって暗示をかけて。でもやっぱイノシシ女相手は無理だった」
                    深琴「イノシシ女ですって!?」
                    こういう駆と深琴のやりとりは安定だよねー杉田ロンがおかしすきでさー笑
                    ロン「まぁまぁー落ち着いて―ブラブラでコウノウなスーキーをー」
                    駆「ていうかなんて言ったんだよ!」
                    wwwwだからwww杉田www一瞬何言ってるのか全然わからなかったよwww
                    なにその業界用語wwwシースーならまだわかるけどもwブラブラって聞こえて下着のこと言ってんのかと思ったのは私だけではないと思いたい。
                    夏彦「ブラブラ・・・コウノウ・・・スーキー・・・だ・・・と!?くっ嘘・・・だ、ろ・・・なん・・・だと!?まじ・・・かよ!?」
                    小野さんが杉田さんのをしっかり拾うものだから(よく拾えたな)梶くんもあやひも爆笑だよ。私も爆笑だよ。会場は笑いの渦です。
                    夏彦「結賀史郎の息子と・・・深琴が・・・そういう関係・・・俺は・・・信じない!!」
                    小野Dの間の取り方気合いの入った口調に杉田梶あやひそろって笑ってたwwwアドリブ合戦で大喜利でもしてるの?笑
                     
                    空汰「配役ミスでしょ。こんなの全然面白くないよ。」
                    空汰、とっても面白かったよ。ずっと笑ってたよ。
                     
                    空汰「1つもまともな番組ないしTVで暇つぶしもここまでか。次はこれであーそぼっ!」
                     
                    やっと・・・やっと朗読劇が終わった・・・もう。。。笑い疲れが・・・
                     
                    OPトーク
                    ひっどい朗読劇がお笑り、キャスト全員登壇してOPトーク!
                    全員並んだ時、
                    小野 あやひ
                    (あやひが順番間違えてる)
                    あやひ 小野
                    と、あっ!とあやひが気づきとことこ移動するのかわいかったです。私かわいいとしか感想が言えない人間なのでこれからも引き続きかわいいbotで行きます笑
                     
                    あやひが通常営業でダジャレを飛ばすので
                    斎賀「すみません!」
                    小野「殺すぞ!」
                    の流れが今回も。いつも先に朔ちゃんが誤って夏彦が殺したり撃ったりするの。この順番もこのバランスもいいよねぇ本当。
                    朗読劇のアドリブ面白くて裏でいっぱい笑わせてもらいましたーと
                    小野「時にはパンチ!時にはキック!撃ち殺しちゃうぞ☆なづまあつひこ役の小野大輔です。」
                    梶「なづまさん!」
                    小野「あづまだよ!!」
                    小野さんの自己紹介もなんなのwwwって感じなのにこのやりとりもなんなのwww
                    小野さん、パンチの時はパンチ、キックの時はキック、そしてバキュンホーズしながら言うんだぜ?アイドルかな??
                    しかも梶くんだったかな?「もう一回」ってなってステージの先に出てきて同じことをしてました笑
                    キックが回し蹴りに進化してましたwww
                    斎賀「このあとやりにくいですが」
                    ですよね笑
                    斎賀「素敵な時間にしたいと思います。二条朔也役の斎賀みつきです。」
                    遊佐「久我深琴の彼氏役の遊佐浩二です。」
                    深琴のコレです、って小指立てるんだもんー。遊佐さんー本当にずるい。本当にずるい。
                    深琴に対して一歩も引かない。常に自分が自分がってなるの好きです大好きですわかってる!!
                    そんな遊佐さんのアピールに対し斎賀さんはこんなもののあるんだぞ!と今回もあやひとおそろいで白いリボンをつけてることをアピール。深琴組のこういうところ好き。
                    遊佐「なづま・・・」
                    小野「あづまだよ!!!」
                    夏彦はいじられキャラになりました。
                    杉山さんは、朗読劇のアドリブがかなり増し増しになってましたねーと。
                    杉山さんが喋ると安心します。いつもありがとうございます。
                    杉田「アニメになって出番が増えてとても嬉しいです。何もしてないけど。今日は何か起きるかな?」
                    出番・・・増えたんだ・・・(あれで?)と思いつつもロンさん働いてたもんね。
                    吉野「乙丸です!!!!!」
                    梶「笑点みたい」
                    阿部「朗読劇のオチ担当大変でした。」
                    阿部さん、すばらしかったです。こはるの桃とか特にサイコー
                    OP進行は梶くんでしたが、ここからのバラエティコーナーは藤村さんとあやひが司会になります。
                     
                    ■バラエティコーナー
                    藤村さんとあやひが司会で、こはると深琴によるシーンで巡るノルンノネット!
                    アニメの名シーンを元にクイズする方式です。
                    Aチーム:梶、佐藤、阿部 
                    Bチーム:小野、斎賀、遊佐
                    Cチーム:杉山、杉田、吉野
                    Bチームの紹介の時に「なづまさん!」「あづまだよ!!」
                    ってやりとりしてた笑
                    ちゃんと拾うんですねーってなってた
                    このイベント中に何回やるのやら・・・
                    ズバリ商品は何も決まってません!お楽しみ!とゆるーい感じでバラエティコーナースタートです!
                    Cチームに不安しか感じない。
                     
                    クイズに正解すると、ヒヨコさんのPOP(小1ポイント、大5ポイント)が各テーブルに置かれるんだけど、ポイントの説明してるときにあやひがヒヨコさんもって藤村さんの頭の方に持っていったりしてじゃれあっててずっと見ていた。ずっと見ていられる。
                     
                    問題
                    シーンは、空汰が愛音の歌声を聴きながら、正宗から真実を聞くシーン。
                    シリアスなシーンだし、キャストのみなさんも真剣なまなざしで見てました。阿部さん口に手を当ててたなー
                    ステージ上のカメラが吉野さんのこと抜いてて、キレキレだったって私メモしてるんだけど、ちょっと意味が分からないし思い出せない・・・
                    クイズ内容は、そのシーンに出てきた乗り物の絵を描く、というもので、え?乗り物なんて出てきた?ってどよめき。確かに一瞬ランチ背景にみんなが佇むシーンがあるけど、このシーンのメインは空汰が真実を知ってしまうところなのに笑
                    正宗さんがたくさん喋るシーンなので、
                    佐藤「仕事してました私」
                    ちなみに、絵の判定は会場の反応と藤村さんあやひの好みで行われるそうで笑
                    クイズの説明をしている最中も杉田さんが既にスケッチブックにめっちゃ書いてて
                    吉野さんも描いてて、七海組フライングー!!!
                     
                    昼の部もお絵かきする問題があったんですが、ペンが出なかったり種類が少なかったりして
                    斎賀「昼よりペンが増えてるんです!」
                    遊佐「僕の黒出まーす!」
                    と、夜の部では改善されたようです。
                     
                    お絵かき時間中梶くんカメラに抜かれてウインク☆してたぜ。なんだよ梶裕貴ずるいな。でもウインク上手くなかったね?
                    梶くんと吉野さんはサイドなので、カメラさんに抜かれやすいんです。
                     
                    吉野「ととのいました。」
                    小野「ととのいました?」
                    OPの挨拶といい笑点風味な吉野さんでした。
                     
                    さて、みんなのイラスト発表―!となるわけですが・・・
                    Cチームはとんがってるらしく最後になりました不安しかない。
                     
                    梶:お馬さんのポーズをした人間、隣に『正宗』もの文字
                    ついに正宗が乗り物に!!
                    梶「正しい正宗の使い方。」
                    あやひ「そうですね、変な正宗!」
                    「変な正宗」って単語がアフレコ現場で流行ったという話を昼の部でしてました。
                    佐藤:いまいち何の絵かわからなかったんだけど、建物っぽい絵の右上に楕円の何かを描いて、これ!みたいな感じにしてたんだけどその描き方ってありなの・・・?乗り物の絵を描くという問題の主旨にいまいち・・・うん・・・
                    阿部さんのイラストの前に
                    あやひ「それでは阿部さんの正宗は」
                    という振りになっていたので、乗り物は正宗になったようです!
                    阿部:桃の絵に棒人間の正宗と空汰が載っているイラストwww
                    こはるの桃♡ ってwww阿部さんwww
                    阿部「会話のシーンはこはるの桃の上でやってました」
                    そっか・・・あの真剣なシーンは実はこはるの桃の上で・・・ってwww
                     
                    あやひ「中々独創的でよかったですね。Aチームもかっとばしてました」
                     
                    斎賀「うちはすごいです」
                    と発表前に自らハードルを上げる斎賀さん。さてさてBチームは・・・
                    遊佐:ロードバイク
                    とても・・・お上手なロードバイクのイラストでした。御堂筋クン・・・
                    阿部さんとアイコンタクトしたりして突然始まる弱虫ペダルアブゥ!
                    みどくんとアブの絡みってほとんどなくない?
                    斎賀:UFO 正解ではないけど、とってもお上手なUFOのイラスト
                    小野:ひどい。本当ひどい。アイオンに謝って。めをかっぴらいたカイジのようなアイオン(認めない!!)ひどい・・・ひどすぎるよ・・・阿部さんそんなの愛音じゃない!って言ってたよ!!
                    あやひ「空汰を守り続けた結果こうなった」
                    ちょっとwwwあやひそれでいいのwww空汰を守り続けた結果目力抜群になったアイオンて。
                     
                    とんがってるCチームは如何なものでしょう?
                     
                    杉山:UFOの中に緑色の虫みたいなのが乗ってるイラスト
                    杉山「キャストロールに載らない宇宙の人、昆虫的な」
                    乗り物を描くという主旨を杉山さんもすこし無視してない?
                    杉田:2000年の愛のおねショタ ドドドドド 
                    イラストはガン○ムだったんだけど(いちよう乗り物だし)周りに書いてある文字がカオス過ぎてwww
                    杉田「少年と年上の女性の・・・」
                    杉田「おねショタっていうのはー」
                    小野「言ったwww」
                    杉田さん、イベントでおねショタ発言をする
                    藤田「ガンダムですね」
                    あってなるステージ上の雰囲気。ガン〜〜ってあやひぼやかしてたのに藤村さん言い切った!笑
                    杉田「男の子は乗るものが好き」
                    (これなんかちょっと・・・下ネタっぽいねって・・・客席もうわっってなってたし・・・杉田さんの発言だし・・・汚れているのは私の心だけではないはず)
                    吉野:セグウェイ
                    吉野「こんなの」
                    ノルンにセグウェイ・・・最新ものですね。
                     
                    これどう判定すれば??みんなとんがりすぎでしょ?
                    梶くんの描く正宗はムチで、とか
                     
                    客席の拍手で判定だけど、どれもひどかったので「よく拍手できますね」って言われてたけど描いてるのはあなたたちです!!!
                     
                    よっちんは昼の部で描いたヒヨコさんのイラストを出したり、杉田さんはいつ描いたのかわからないけど違うイラスト出したり、自由にあふれてました。
                    この問題はアイオンの目力のおかげもありBチームの勝利になりました。
                     
                    問題
                    「こはる・・・俺の名字をもらってくれるかな」のプロポーズシーン。
                    映像見ながら佐藤さん、こいつこいつぅ!って感じで梶くんのこと親指で指してた。
                    駆のプロポーズを見守るアンフィシアター
                     
                    斎賀「あづまさん!」
                    小野「あってる!!」
                    正解でも拾うスタンスの小野D
                    遊佐「ふーーーーー」
                    小野「冬彦だよ!!佐野史郎だよ!!」
                    誰だよwwwなんで自分で言ったのwww
                    吉野「世代がばれる」
                    駆のね、プロポーズでね、会場がキャー♡ってなってる雰囲気を一蹴するキャスト陣大好きだよ。
                    問題は「駆はこはるとアフレコで何回言ったか?」
                    という放送時から話題になってた駆のこはるカウンターwww
                    まさか公式で問題になるとはwww
                    こはるも駆くんと何回も言ってましてね、と藤村さん。
                    これは選択肢があったのですが、
                    1. 78
                    2. 93
                    3. 115
                    最 低 で も 7 8 ! !
                    藤村「最低でも78回って」
                    小野さんも斎賀さんもこれには笑う。客席も笑う。
                    藤村「現場でもいつも話題になってました『・・・』の代わりに『こはる』って」
                    藤村「ヒントとして、10話では24回。これは1分間に1回はこはるって言ってることになります。」
                    梶「なになに!?聞いてなかった!」
                    そこは聞いておこう梶くん。再度聞いた後「大好きなんですね」ってはいはい。
                    ちなみにスタッフさんがアニメを見ながら数えたそうなんですが、台本みれば・・・との声に
                    梶「パッションで言ってるかもしれない」
                    遊佐「梶がアドリブで出してるかも」
                    梶「千里こはる、ってついでに呼んでるかもしれない」
                    パッションでこはる、アドリブでこはる、千里くんのついでにこはる。
                    やばくない?梶くんも駆もやばくない??
                     
                    解答は、
                    A
                    B240 テストも含め
                    C:に永く爆発しろ
                    Cチーム、というより杉田なんだけど、スケッチブックの下の方に\\ホノカチャーン//
                    って書いてあって、さすがにラ!は版権厳しいと聞くしやばいのでは・・・?と思ってたらすぐスケッチブック伏せられたんだけど何かスタッフさんの指示でもあったのだろうか?杉田が円盤の編集点ばかり作るよ!!楽しいけど!!記録には残らないね消されるね!!!
                     
                    正解は△98
                    梶「よかったあたってー!」
                    これはね、他のチームふざけてたしね、当てられてよかったです、と。
                    Aチームもヒヨコさんゲット!佐藤さんがゲットしたヒヨコさんのPOP回したりして遊んでた〜プーヒヨコさんは佐藤さんだもんね!
                     
                    1. Bチームがそれぞれヒヨコさんをゲットするなか、Cチームは苦戦してますねーと言われ、
                    吉野「文句あるのかー!!」
                    と言われ司会と立場が逆転?してしまい
                    梶「楽しくやりましょう!」
                    あやひ「ターノシィーーーーーーーー!!」
                    という、あやひの謎テンションが問題の合間に挟まれました。
                     
                    問題瀬戸ちゃんVTR
                    瀬戸「盛り上がってますかー?」
                    なぜか半笑いの瀬戸ちゃん、座った状態で撮影してるのになぜか立ち上がり背が高いため画面から顔がフェードアウトし、そしてまた座る。
                    なんで立ったのwww
                    杉田さん笑いながらせっとん背が高いのにって。
                    シーンはみんなでピクニックしてお弁当を食べるシーン。七海の手裏剣おにぎりー!
                    遊佐さんが「ロンさんのボタンっていつも止まってる?」ってなぜかロンさんについて言ってたんだよなー昼の部の問題のつながりかな?
                    シーンが流れた後は、再度瀬戸ちゃんのVTRに戻り、
                    瀬戸「おにぎりどんな味が・・・?味って言うか硬さはげしそうですね。食べてくれただけで嬉しい!」
                    お題は、ドリンクを3つ用意して、この3つの中のどれかにのどに良いはちみつが入っていて、それを当てるというもの。
                    瀬戸「運試しです!!!」
                    瀬戸ちゃん、手に持ってるドリンクを飲む
                    瀬戸「水です!!!」
                    杉田「雑!!!」
                     
                    VTR、かわいかった。かわいかったけど、内容wwwふわっとしすぎwwwていうかピクニックのシーン関係なさすぎwwwあのシーン流した意味www
                     
                    続きを読む >>
                    posted by: フー | レポ | 15:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    ニル・アドミラリの天秤 感想(※ネタバレあり)
                    0
                      ■ニル・アドミラリの天秤
                      2016/4/21 発売

                      プレイ期間:2016/4/24−4/30
                      ボリュームは少なめだと思います。
                      1周目共通ルートいれて6-7時間
                      2週目以降は3-4時間程度
                      私は速さMAXオートプレイでモブのボイスは半分くらいで飛ばしてしまうので、
                      きちんと聞いたら+1時間くらいかかると思います。
                      個別がきっちり分かれているため、ルートに入るとそのキャラとの絡みがほとんどでどんどん恋愛していきます。
                      攻略キャラ同士での絡みも少ないので、恋愛過程をじっくり楽しみたい方、キャラ同士の和気あいあいとしたやり取りが
                      好きな方には合わないかもしれませんが、どんなゲームも気になったらやってみることを勧めますよ!
                      私はニルアドとても好きです。

                      ・攻略順
                      ライターさんの片桐さんお勧めの順番でやりました。
                      昌吾→翡翠→滉→紫鶴→累→隼人(→隠し)
                      私は基本的にハッピーやったあとにそのキャラのバッド等他エンドを回収するスタンスです。
                      累と隼人に制限がかかっているので、累と隼人はこの順番でしか攻略できません。
                      メインヒーローが最後の最後にしかできないって、コドリアを思い出しますね。
                      でも、隼人をやると他のキャラをやる気が無くなりそうなシナリオだったので、制限かけて正解だと思います。
                      いい意味で、メインヒーローです。
                      ネタバレ的にもこの順番がいいと思います。滉は最初にやるべきキャラじゃないので、あえていうなら紫鶴さんとは逆でも
                      いいかなーくらい。
                      共通セーブ作っておけばそれにちゃんと攻略したキャラがシステムデータ反映されるシステムでした。

                      ・各キャラ感想
                      以降ネタバレ大いにありますので、未プレイの方は気を付けてください。
                      キャラによって内容に差がとてもあります。

                      ・昌吾
                      かわいかったです。いやもうほんとかわいかったです。
                      デレると最強なキャラで、乙女ゲームによくあるキャラかもしれませんが、だからこそプレイしていて
                      「これだから乙女ゲームはやめられないんだ!!」と思いました笑
                      最初はツンツンというかおぼっちゃまなので馴染めずツグミにも強くあたりますが、ただの構ってちゃんです。
                      めげずに昌吾と仲良くしようとするツグミに気づいたら惹かれていて、嫉妬する姿もかわいいさ溢れてました。
                      憎まれ口を叩きながらも、みんなに愛されるキャラ。それはツグミだけではなく隼人たちにも言えること。
                      世話役が裏切る・・・(裏切りきれなかったけど)という展開も王道ですが、その世話役のおかげで助かったので、
                      結局は情があったんでしょう。
                      CERO:D判定、ということで、最初にプレイしたキャラです。いつそのようなシーンになるのかどきどきしていました、ら。
                      告白→即
                      という流れなんですね!!欲望に忠実!!
                      ちゃんとスチルまで用意されていて、朝チュンだー笑 と。
                      ツグミちゃんお胸大きいね??と思ったのは私だけではないはず。

                      ・翡翠
                      見た目に反して欲望という面ではいちばんだったかもしれない。
                      ツグミちゃんと抱いてから仕事に行くとか勇ましいです。ちなみに、2回目な。
                      突然キスするものだから、ガラハッドを彷彿させました。同じライターさんだからね。
                      なのにくっつかないし・・・くっついたと思ったらこちらも即ry
                      「やり方はすべて知っています」
                      このセリフな!!母親が遊女で、自分もその置屋にいて近くで見てたから、初めてだけど知ってるって!
                      見た目が愛らしく、幼く見えるのを気にして大人な男性になりたいと思う純粋な気持ちと
                      欲望に忠実な彼のギャップが面白かったです。

                      ・滉
                      推しです。一目見たときから気になってました!笑
                      ぶっきらぼうな口調や態度から垣間見える優しさ・・・そうだよ・・・滉は優しい奴なんだよ・・・
                      そんな優しさに、気づくツグミちゃん。
                      フクロウの仕事を頑張りたくて、仕事が終わっても行動しようとする姿が「危なっかしくて放っておけない」
                      最高だなって思いました。危なっかしくて、目の届くところにツグミちゃんを置いておきたくて。
                      自分の感情の変化に滉も気づいて行くのです。
                      人と話したり、絡んだりするのが面倒なのは、フクロウの彼らに情が移ってしまうから。
                      自分は裏切り者のカラスだから・・・。
                      母が自殺したとき、自分も死んだというなら、滉はツグミちゃんと出会ってまた生まれたんだろう。
                      死んだ人間に感情はない。そんな自分に「欲しい」と思う強い強い感情が生まれた。
                      ツグミちゃんにも、自分と同じように「欲しい」と思ってほしい。
                      お互いを強く求めあった。お互いの全部が欲しかった。
                      滉ツグには、これから2人で色々なものを手に入れていってほしいね。
                      ツグミちゃん以外にも、「欲しい」って思うもの、小さなことでもきっとこれから増えていくよ。

                      あと、滉ルートはBADが寝取られENDとは!!挑戦してるなオトメイトさん!って思いました。
                      いやーNTRとか、オトメイトさんで初めてだよ私たぶん。

                      ・紫鶴
                      他ルートでも輝くキャラです。自分にはすべてお見通し。ツグミちゃんが恋をしたら、ツグミちゃんより先に気づくんだから。
                      私は昌吾ルートで、昌吾とダンスをしたとき手が触れ合ってドキドキしたけど、紫鶴さんと手が触れ合ってもドキドキしない。
                      っていうシーンがとても好きです。
                      手が触れてドキドキする人が出来たんだね〜って、本当、こーゆーキャラ好きだよ好きだけど推しにはならない!笑
                      彼はフクロウのメンバーではなく、事情があり同じアパートに住んでいる小説家
                      彼のスチルで衝撃的なのは目隠しプレイでしょう笑
                      最後から4枚目かな?ツグミちゃんの足が麗しいスチル、あれどのスチルよりツグミちゃんの表情が色っぽいと思う。
                      こんな表情をさせるのは紫鶴さんだからなんだろうな、と。
                      紫鶴さんはここで終わらないのか〜!となりました。彼もまた、裏があったと。

                      ・累
                      さわやかに口説くと思ったら一目ぼれですか!
                      他のキャラはくっついたらツグミ呼び、だったのが、累だけは歳近いんだから堅苦しいのやめましょう、と
                      提案しお互い名前呼びになりましたね。
                      個人的に名前で呼ぶきっかけのシーンが好きなので、他のキャラは恋人になったから自動的に久世からツグミに変わってたのが
                      少しつまらなかったので。。。好みの問題。
                      自分たちのことは名前で呼べっていっときながらさー(隼人たちの場合)
                      なので、カクヅチENDで隼人が「ツグミ!?」と呼ぶのにはときめきました。
                      なぜ隼人が「ツグミ!?」と呼んだのかは隼人ルートでああーとなりました。
                      自分が、自分が、とツグミちゃんは周りを考えることもできる子ですが、カクヅチENDのお互いの気持ちだけを
                      頼りにしていくのいいよね。完全に、二人だけの世界。ツグミちゃんがいなければ意味ないし、累がいなければ意味ない。
                      この二人のBADが心中なのも納得です。

                      ・隼人
                      ずるい系メインヒーローきました。
                      もう、さ。ずるいの一言に尽きるね。
                      まさか隼人まで一目ぼれ、しかも女学院のとき!?何年前!?と驚きました。
                      くいなさんのお店で繰り広げられる隼人のツグミちゃんへの告白・オン・ステージ
                      個別ルートの序盤でこんなことが起こるとは!!
                      最初何が起きてるのか分からなくてバックログで二回くらい読みなおしました。
                      完全にえ?え??って、おいてけぼりになったよ私。ツグミちゃんも置いてけぼりになってたね。
                      その後の隼人は心臓に悪いったらありゃしない。
                      普段は普通にしてるのにさー急に好きとか、結婚してからのお楽しみとか言うんだもんーお前らまだ付き合ってないだろー笑
                      そしてそんな隼人に、好意を寄せていくツグミちゃん。
                      葦切さんの事件があり、大切な人を失いたくない。溢れる思い。
                      ずっと好きだった女の子に好きと言われたら、隼人我慢できないよね、うん。
                      「ご褒美ちょうだい」っていうのかわいかったよ笑
                      隼人がずるいのは、最後だよね。
                      何も考えずにプレイしてたものだからまさかの八代財閥!ああ最初に久世家に結婚申し込んでた家!
                      でも、八代家の自分ではなく、「隼人」として自分を好きになってほしい好きにさせる。
                      ツグミちゃんとの運命を自ら手繰り寄せる。自分で、ツグミちゃんを手に入れることができた隼人はすごいやつだよ。
                      まさか1つのゲームで一目ぼれが2人いるとは思わなかったわ〜
                      あ、小瑠璃ちゃんはそこまでじゃないみたいだけど、ツグミちゃんはお胸大きいよ!(2回目)

                      ・隠し
                      隠(なばり)さんが隠し・・・隠しというか大団円というか真相・・・
                      最初はてっきり隠さんと恋に落ちるのだと思いました。歳の差好き好き〜っていう私がうずいた←
                      怒涛の既読スキップだったので、もうちょっと丁寧に・・・見たかった・・・という気持ちはありますが
                      彼は翼をもっていなかった。比翼の鳥になろうとも、番になる翼は炎で燃えてしまった。
                      でも、帰る鳥かごもない。その鳥かごを作ってくれたのがツグミちゃんだった。
                      「おかえりなさい」
                      簡単なようで、簡単じゃないから、彼は最後の最後まで炎にとらわれて罪を犯したんだろう。
                      でも、ツグミちゃんが、彼にまた鳥かごに帰るために必要な翼を与えてくれた。
                      ずっと飛べずにいた彼がにまた翼を与えてくれたのはツグミちゃんなんだなーと。
                      あくまで私の考えですが。
                      罪を犯した人間を好きになる、そういうシナリオなのかと(戦ワルでもあったし)思いましたが、そうではなかったですね。


                      ニルアドは、最初に猿子さんが説明したとおり、比翼の翼の相手を見つける物語なんだろう。
                      久世家、という最初の鳥籠から飛び出したツグミちゃんが、比翼の翼の相手を見つけ、
                      今度はその二人で新しい鳥籠に飛び立っていく。
                      新しい鳥籠で過ごす2人の姿、待ってますね(FDください)


                      片桐さんの作品はプリアサも戦ワルもプレイしていて、戦ワルはランちゃんの「・・・っぁ」みたいなセリフが
                      気になってしまっていたので今作はどうなのかな、と最初は不安もありました。
                      プリアサでは特に気になることなくむしろプリアサ大好き!!てなったのに戦ワルが自分にあまり合わなかったので、
                      そういう意味では3作目のニルアドも怖い気持ちがありました。
                      でも、作品の世界観(感想では全然触れてないけど稀モノの話)デザイン、私の好みに合うものばかりで好きだな〜
                      とじわじわじわじわしみわたる作品でした。仕事の昼休みに乙女ゲームプレイしたの久しぶりです。
                      感想は恋愛シナリオ中心に書きました。何が一番言いたいかというとツグミちゃんの胸は大きいってことです←
                      設定がしっかり作られていて、サブキャラにもイメージカラーやシンボルの鳥まで決められている作品なので、
                      もっともっと掘り下げてほしいところはたくさんあります。
                      おまけのSS、喬を読んだ時の驚きと薔子さんの読んだ時の・・・言ってしまえば卑しい出来事をあんなに詩的に妖艶に綴れるものなのかと感動しました。本当に薔子さんの文章って感じた。
                      片桐さんの作品はサブキャラもみんな魅力的で、葦切さんと小瑠璃ちゃんのお話ももっと読みたいです!早くプロポーズ!!




                       
                      posted by: フー | ゲーム感想 | 20:57 | comments(0) | trackbacks(0) |